· 

「考える力」を伸ばすために必要なのは…。

 

おはようございます。小菅です。<(_ _)>

 

******

 

小学生のみんなは、今週月曜日に毎月1回実施の「全国版 学力テスト」を受験がありました。

 

テストを受けた昨日からは「テストの解き直し&解説授業」を実施。

 

昨日授業があった生徒さんは黙々と解き直しに励んでいました。

上の画像は小学4年生の男子生徒さんの様子。

 

既に授業終了時間は過ぎていたので「お迎えもあるし、残りは次回でもいいよ。」とお声がけはしたんですが、「いや、最後まで終わらせたい!!」という本人さんたちの気持ちを尊重し、そのまま続行させていただきました。

 

お迎えにいらしていただいておりましたお家の方、すみませんでした…。

 

お子さんたちが一生懸命学習に励んでのことなのでどうかご容赦ください。<(_ _)>

 

2人が夢中になって取り組んでいたのは「図形の角度の問題」でした。

 

ちょうど今、中学2年生が「図形の角度」や「合同」を学習していますが、その先輩たちでもスラっと迷いなく解ける生徒さんは少ないかなぁと感じる問題でした。

 

あぁでもない、こうでもない、これならどうだ…と頭を悩ませながら懸命に問題に立ち向かう姿がなんともいい感じでした。(*^_^*)

 

******

 

私も長年現場でお子さんたちと授業をしてきましたが、「考える力を伸ばす」ために必要なのは、まさしくこの2人のように「一生懸命、頭を悩ませること」ではないかと思っています。

 

「先生、これはどう解けばいいですか?」と積極的に質問をする生徒さん。

 

一見、熱心に見えますが、質問に来るまでの「過程」も踏まえないと評価できない部分があります。

 

*******

彼らのように散々頭を悩ませていろいろと試してみたけれど解答に辿り着けずに質問をしているのか…。

それとも、自分で考えるのが面倒で、早く解き終わりたいから即質問をしているのか…。

*******

 

同じ「質問をする」でも、前者と後者ではまったくの別物です。(質問もせず、問題も解かないなんてよりはいいんですが…。)

 

いろいろと苦労するからこそ自分の力として蓄えられるんです。楽ばかりしていたら力は蓄えられないと私は思います。

 

「分からなかったらすぐ先生に聞きなさい。」とお話をしてくださっている保護者さまもおられると思うのですが、もし、お子さんの「考える力を伸ばさせたい」「地頭の強さを育てたい」とお思いでしたら、お子さんへのお声がけを「まずは自分で一生懸命考えてごらんなさい。それでもどうしても解決できないなら先生に質問しなさい。」と変えてみていただけたらと思います。

 

そして、お家でのお子さんの学習の様子を見て、お子さんが「今は一生懸命考えている」と感じるときは、どうか、ヒントや答えを教えず、そのまま黙って見守っていただけたらと思います。

 

でも、学校の宿題などは提出締め切りがあるので、なかなかこんな悠長なことを言ってられない部分もあるんですが…。(;´д`)トホホ

 

無事、正解に辿り着いたときの2人の表情…。いい笑顔でしたねぇ~。(*^_^*)

 

今の気持ちと頑張りを継続してもらえるよう、自分も頑張っからね!!

 

******

 

さあ、今日も1日、元気出して行きましょう!!

 

それでは、また~。<(_ _)>

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 学校からまっすぐ教室に通える!
  • 通塾日時はご相談の上、決定!
  • 授業がない日でも、教室に来て自由に学習できる!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国庫・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の予習・復習」+「旧学年の復習」
  • 授業がない日でも、教室に来て自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 0120-94-1859
午前9:00~午後10:00
(教室不在時は転送されます。)