成長のためには適切な「負荷」が必要ですよね。

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

******

 

例えば…。

 

「筋肉バッキバキの身体になりたい。」

もし、こんな願望を持っていたなら、どんなことが必要でしょ…?

 

ただ「なりたい!!」って思っているだけじゃダメですよね。

その身体を目指して「トレーニング」をしないといけませんよね。

 

「トレーニングをする」ということは、自分に「負荷」を掛けるということ。

 

だから、ぶっちゃけ辛かったり、苦しかったりするもんなのです…。

 

これは、お子さんの学習でもまったく同じで、スラスラと解けるようになるためには「適切な負荷」を掛けることが必要だと思います。

 

******

 

昨日の夕方。小学生のお子さんとの授業。

 

今、4年生のお子さんたちは「面積の応用問題」を中心に学習を進めています。

 

 

図形を縦に区切ったり、横に区切ったり。

はたまた、線を付け加えて、全体から不必要な部分を引いてみたり。

 

オーソドックスな解き方はありますが、お子さんによって考え方はいろいろ。

 

お子さんたちは「どう考えたらいいかな…。」と一生懸命頭を悩ませ、計算をして答えを求めます。

 

実はこの「一生懸命頭を悩ませる」ということが、学習ではとても大事だと私は考えています。

 

なぜなら、これが「脳に負荷の掛かった状態」であり、「考える力」を伸ばすための「トレーニング」になっているからです。

 

 

1人じゃきつくて辛く、苦しいトレーニングも、塾の「教室」で「仲間」や「先生」と一緒なら頑張れるもんです。(*^_^*)

 

これからも共に頑張っていきましょね‼ それでは、また‼

 

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ‼