日常の「?」を大切にして欲しいと思っています。

おはようございます。小菅です。<m(__)m>

 

 

まずは、雨が止んで良かったです…。

 

うちの教室は昨日、通常通り授業を実施したんですが、雨と風がとても強く、途中、何度か「早めに終わった方が良いんだろうか…?」と思わされる感じでした。

 

まるで、「自動車の洗車機の中」にいるような感じだったんです。

 

保護者さまにもご心配をお掛けしてしまい、申し訳ありませんでした。<m(__)m>

 

行健小の皆さんが楽しみにしていた「しののめ発表会」も予定通り実施ですかね。

思う存分、楽しんで来て下さいね!!(*^_^*)

 

******

 

さて、ここからは学習の話題ですが…。

 

ここのところ、今更ながら改めて感じていることがあります。それは…。

 

「国語はすべての学習の土台」ということ。

 

「国語の力をつけずして、他教科の成績向上は難しい。」ということ。

 

 

受験生だけでなく、中1・中2、小学生と授業をしていても、すごく感じていることです。

 

基本的に学年が上がるほど、国語そのものだけでなく、算数をはじめ他教科の問題文も長く、複雑になるもの。

 

そこで「結果」に大きな影響を及ぼすのはやはり「国語の力」特に「正しく読み取る力」ではないかと感じています。

 

******

 

それでは、「正しく読み取る力」の差はどこから来るのかを考えてみると…。

 

まずは、「漢字」や「語句」の知識が供わっているかどうかが大きく影響すると思います。

さらには、「日常生活の中での一般常識と言える基本的な知識」が供わっているかどうかもあるかと個人的には思います。

 

今、受験生のお子さんと「新教研テスト」や「漢字検定」の過去問演習をお手伝いする機会が多くありますが、その際「その程度は日常の会話でも使うでしょ…。」というレベルのものが読めていない・書けていない・意味が分かってういないという場面だけでなく、あるいは「えっ?それって、知らないとマズくない…。」という場面が増えてきているように思うんです。

 

長文を読む「前段階」のところで既にハンディキャップがあるような状態だと思うわけです。

 

******

 

それに対してどのような対策を取っていって欲しいのか…?

 

私個人の意見としては、「日常生活の中で”?”と思ったことはすぐに調べることを習慣化して欲しい。」ということです。

 

読めない言葉が出てきたら、漢字辞典を引いて調べてみる。

 

書けない言葉、意味の分からない言葉が出てきたら、国語辞典を引いて調べてみる。

 

「これって何だろう?」と不思議に思ったことは、本や事典などで調べてみる。…などなど。

 

******

 

よく、「国語は何を勉強したらいいのか分からない…。」というお話をお聞きするのですが、私自身は上記のようことを行いながら、自分自身でいろいろなことに興味を持ち、それを調べたり、まとめたり、深く追求うしたりしていくことで国語の力もついてくるのではないかと思うのです。

 

また、こういう取り組みをしていると「国語」だけでなく、各教科にも良い影響を与えてくれると思っています。

 

もちろん、「定期テスト」や「新教研テスト」で点数を取るためには、問題演習をして問題を解き慣れることは必要ですが、それを行う「前段階・下地作り」という意味で「?に出会ったら、すぐに調べる」ということが習慣化されていて欲しいのです。

 

そもそも「学ぶ」ってことは、「日常の生活」と切り離して考えてはいけないものなんだと思うんです。

 

ぜひ、日常の中にある「?」を大切にしてみてくださいね!!

 

******

 

さあ、今週も今日あと1日。

 

張り切って行きましょう!!(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!