お子さんの様子を見ながら、適切な声掛けをするってことです。

おはようございます。<m(__)m>

  

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

  

******

 

「定期テスト」まで2週間を切った昨日は、午後いちばんから夜まで「定期テスト対策」を実施。

 

生徒の皆さん、長時間に渡る学習。ほんと、お疲れさまでした。<m(__)m>

 

いちばん長く教室にいた方は”7時間以上”の滞在。 

た~っぷりと「テスト勉強」をしていただいてのご帰宅でした。 

 

まぁ、ズバリ申し上げれば「家ではこんなにはできないだろうなぁ…。」と思います。

 

生徒さんたちからも「今日でだいぶワークが進んだ。」「教室に来て学習して良かった。」…などの感想を聞くことができました。(*^_^*)

 

******

 

これはあくまでも「私の個人」としてですが、「自宅で学習した方が効果的・効率良く学習できるという人は無理にテスト対策に出席することはない。」 という考えです。

 

テスト前は「周りに人がいるとつい話掛けてしまう」とか、逆に「話しかけられたくないし、自分のやりたいことに集中したい」…なんて方もいますので、塾の教室で何でかんで学習をする必要はないと思っています。

 

だから、私から教室に来ることを「無理強い」することは決してありません。

 

でも、本音を言えば「家でやれます!!」って言っている人の中で「本当に密度の濃い学習」をしている人って果たしてどれほどいるのかなと…。

 

きっと「ほんのひと握りの方」しかいないのではないかと思います。勝手なこと言ってスミマセン…。

 

これは、生徒さんを「信用していない」ってわけではないですよ。

 

ただ、「自分で自分を律してガンガン追い込める方」ってそう多くは存在しないって思うんですね。(私自身も含めて。)

 

なので、本当は声を大にしてこう言いたい方もいっぱいいるんです!!

 

「教室に来て勉強しろって…!!」

 

それでも強制しないのは、「本人に気がないのに無理強いしても効果が上がらないから。」です。

 

こういう方の場合、長年の指導経験上、こちらが「仕掛ければ仕掛けるほど」、「学習成果」が反比例することが非常に多い。

 

本人が嫌々だから「こんなにやりたくない…。」「こんなことしたくない…。」…と、やればやるほど結果が悪くなることが多い気がします。

 

 

だから、私から声を掛けるのは基本的には「教室や私をうまく使いなさいよ。」ってことだけ。

 

そう言う声掛けをしたうえで、生徒さんが「背中を押して欲しい!!」という顔をしていれば「問題作って待ってるぞ!!」とか「先生と頑張るべな!!」って声を掛けます。

 

でも、明らかに本人に気がないと感じれば、正直放っておきます。

 

 

これはきっと「サービス業」としては「失格」かも知れません…。

だけど、私自身は「これも必要なこと」じゃないかと感じます。

 

 

 

「声掛け」は必要だし重要ですが、「過剰な声掛け」は禁物じゃないかなと…。

 

そう…。例えるなら「植物に水やりをする感じ」に近いんじゃないですかね。

 

土が乾いていれば適量の水を与える。土が十分湿っているのであれば放っておく。

 

それと同じように、お子さんの「今の様子」を見ながら、その場その場で適切に「声掛け」をしてあげることが必要なんじゃないでしょうか。

 

まぁ、教室に来てくださったのなら「来て良かった!!」と言っていただけるだけの成果は上げてみせますけどね。(*^_^*)

 

今度の土・日曜日も「テスト対策」は実施しますので、今からでもぜひどうぞ。

 

******

 

今日は私もオフをいただきました。スイマセン…。<m(__)m>

 

少しのんびりさせていただいて明日以降に備えたいと思います。(*^_^*)

 

それでは、また。<m(__)m>

 

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!