あと1か月を切りましたよ~。そろそろ準備してくださいねぇ~。

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

 

昨日、郡山市の多くの小学校は「運動会」の日。

うちの教室の生徒さんだけでなく、うちの娘もそうでした。

 

普段「室内」にしかいないので、昨日はすっかり「肌」をやられてしいまいました…。

今朝も日焼けで肌がピリピリして痛いんですよ…。(;´д`)トホホ

 

昔は年がら年中「野球の練習」で外にいて肌は真っ黒でしたが、この仕事に就いてはじめて「あぁ、自分は肌が白かったんだ…!!」と気づきましたからね。

 

 

取りあえず延期なく無事終わったんで、ホッとしました。

 

******

 

先週末から、教室玄関のホワイトボードには各中学校の「定期テスト」の日程を書き記しています。

 

おととい17日(金)に中間テストのあった岩江中のみんなの日程を除き、全生徒さんのテスト日程を書き記しています。(しまったぁ~。写真撮ってくるの忘れたぁ~。)

 

目的はもちろん、お子さんたちの「テストに対する意識を高めるため」ですね。

 

ちなみに郡山二中の生徒さんは6月24日(月)ですが、残りの生徒さんは17日(月)または18日(火)が実施日になります。

 

こちらが書く前からすでにテスト日程をきちんと把握していた方。偉い!!

こちらが口うるさく言わなくても「テスト」に対しての意識が高まっている証拠ですね。

 

「部活の大会」でも「入試」でも同じですが、「いつが本番なのか?」きちんと日程を把握し、そこから逆算して練習(勉強)を進めていくことが「好結果」を残すうえではとても大事だと感じます。

 

もし、家を建てるときに「設計図」がなかったらきちんとしたお家は建てられないですよね…?それと同じです。

 

******

 

約1か月後に今年度最初の「定期テスト」となりますが「学習計画」はすでに練り始めてますか?

 

 

まず、すでに複数回のテストを経験している中2・中3のお子さん。

 

前々から話をしていますが、今回のテストは「中体連」の市大会や県中大会のことも考慮して学習計画を立てていかないと、テスト直前まで「学校ワークが終わらない!!」という状況が生まれます。

 

そして、学校ワークの終了が遅れるということは、弱点対策のための「問題演習」に十分な時間と労力を掛けられなくなるということ。

 

そうなれば、どのような結果になるかは簡単に予測することができるかと思います。

 

ぜひ、今までの「経験」と自分自身の「学習ペース」を考慮して、現実的な計画を作成し、今から学習を少しずつ開始してくださいね!!

 

 

そして、中1のお子さん。

 

中学校入学後はじめての「定期テスト」になるわけですが、まず、これだけはきちんと確認しておきましょう。

 

「中学校のテスト」は出題範囲が長い。

 

「小学校のテスト」は「単元テスト」と呼ばれるもので、直近の授業で学習した内容が一区切りしたところで実施されます。

 

それに対し「中学校のテスト」は4月から学習した「複数の単元」が出題範囲になるため、1回のテストで出題される内容が小学校のときよりもずっと長くなります。

 

ですので「一夜漬け」的な学習で「好結果」を出せるほど甘くはないということです。

 

まずは学校から配布されている「5教科のワーク」を溜めないように、今から少しずつ取り組んでいってください。

 

******

 

ちょうど今日は日曜日で「新しい週の始まり日」ですよね。

 

ぜひ、カレンダーと「にらめっこ」しながら「自分の学習計画」を立ててみてくださいね。(*^_^*)

 

それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!