きちんと成果を出すための”心構え”として

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

今日は以前から書きたいと思っていたことを。

 

私も何だかんだとこの仕事を続け、今年で25年目を迎えます。

 

月日が経つのは本当に早いですね…。

 

「時間の経過」に対する「自分の成長」が合ってないような気がしてならないですね。(笑)

 

 

まあ、それはさておき、こう長い期間現場にいますと「きちんと学習成果を出せるお子さん」と「なかなか学習成果が出せないお子さん」、それぞれに多くの「共通項」が存在すると思うのです。

 

それは「知識」や「技術」という学習そのものではなく、「学習に対する取り組み方」や「心構え」などの「メンタル面」についてです。

 

 

今日お書きするのはその中の1つ。「学習道具」についてです。

 

 

私が長年の指導をしてきて感じるのは、「きちんと成果を出せるお子さん」というのは塾に来る際、テキストはもちろん、筆記用具などの「学習道具」を忘れることがほとんどと言ってありません。

 

それに対し「なかなか学習成果が出せないお子さん」の場合、とにかく「学習道具の忘れ物率」がと~っても高いということ。

 

私はそのようなとき、必ずその子が熱心に取り組んでいるスポーツや音楽に例えてこんな話をします。

 

私:「例えば、水泳の大会に”水着”を忘れたっていったらどうするの?真っ裸では大会に出れないよね?」

 

  「野球の大会にユニホームやグラブを忘れたら?音楽祭に楽器を持ってくるのを忘れたら?」

 

「忘れ物をしないように現場に向かう」というのは、成果を上げるうえで”必要最低限のこと”だと私は思っていますし、そもそもここができていない場合、”学習で成果を上げようとする意識が低い”と言われても反論できないのではないかと私は考えます。

 

ですので、私は「道具の忘れ物」に対してはきちんとお子さんに話をするようにしています。(特に「小学生」のうちは口うるさく。)

 

******

 

そして、「成果を出せるお子さん」は持参する学習道具、特に「筆記用具」は「きちんと使えるものを揃えてくる」という点です。

 

逆に言うと、「成果が出せないお子さん」は持ってはいても「きちんと使えないもの」という場合が多いんです。

 

具体的に言うと、お子さんが学習する際、次のような様子が見られたら私的には「要注意」です。

======

1) きちんと消える「消しゴム」を使っていない。

 

 鉛筆やシャープペンの後ろに付いている「消しゴム」を使っていたり、
 細かい部分を消すような細いタイプ(力を入れると折れてしまうようなタイプ)を使っていたり。

 

 これらを使って

 

 あとは、ガチャガチャなどでゲットしたであろう、ただ黒くなるだけのゴム製のキャラクターなど。

 

 しっかり文字を消せる「プラスチック消しゴム」を使うことがベスト!!

 

 

2)きちんと「赤ペン」を使っていない。

 

 解答をつけるときに、赤以外の色ペンを使って丸付けをしていたり、

 「蛍光ペン」を使って丸付けをしていたりも「成果が出せない方」に多い傾向。

 

 「水性」「油性」や「太さ」は好みもあると思いますが、きちんと「赤ペン」を使うこと。

 

 ※ ただし、赤とはいえ「油性マジック」のように「裏写り」するものはNG!!

 

 私の理想としては、0.5mm前後の太さの「油性」または「水性」のボールペンがベスト!!

======

 

******

 

プロのスポーツ選手でも自分が良い結果を出すために、道具の細部にまでこだわります。

 

学習でもきちんと成果を出すために、そういうところまできちんと考えたいものです。

 

 

そういう「心掛け」の積み重ねがきちんとした「成果」に繋がっていくのではないでしょうか…。

 

 

ぜひ、お互い、その辺をしっかり意識していきましょう!! それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!