今日は「父親」の立場でプライベートなことを…。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

打ち合わせをしておりましたら、あっという間にお昼を回ってしまっていました。

 

お昼休みにこちらをご覧下さっている保護者さまのためにも「何とか午前中に更新を!!」と心掛けてはいるものの、ここのところ出来ない日もちらほら…。

 

起きてすぐ更新していたのですがここのところ、それもままならず…。

 

あぁ~、ダメだ、ダメだ…。こんな言い訳ばかりじゃ!!

生徒さんにたちに示しがつかないですよね!!

 

とはいうものの、あんまり肩肘張ってばかりいるのも良くないですから、ぜひ、温かく見守っていただければ幸いです。(笑) <m(__)m>

 

******

 

今日は「塾の先生」という立場ではなく「父親」という立場で更新を。<m(__)m>

 

 

うちの息子は今「中学1年生」です。

 

以前は自分が帰宅する頃にはすっかり熟睡していたのに、ここ最近すっかり寝るのが遅くなりました。

 

私:「あんまり夜更かししてると太るし、剥げるゾ!!(← 根拠なき適当なことを言ってます。)」

 

こう言ってビビらせても、いっこうに早く眠る様子は見られない。

 

夜遅くまで起きてるのは「勉強するため」なんかじゃありませんよ。

 

いつまでもダラダラと「長風呂」につかり、やっと上がったかと思えばイヤホンで「音楽」を聴き始め、大好きな「ミニカー」をカチャカチャカチャカチャといじり出す始末。

 

「自由人」です、こいつは…。(;´д`)トホホ

 

私の方が疲れてしまって、先に眠ることも最近では少なくありません。

 

息子の「夜更かし」のせいでカミさんの機嫌も悪いことがしばしば…。

 

しかもたちが悪いのは「夜更かし」して朝が起きれないこと。

 

毎朝カミさんに「いつまでダラダラしてんの!! 遅刻すっからね!!」と怒られている始末。

 

「どうすりゃこいつは早く寝てくれるんだろうか…。」とまるで赤ちゃんを寝かしつけるのに困り果てたお母さんのような思いがここのところずっと巡っていました。

 

******

 

ところが…。そんな彼に今週ちょっとした変化がありました。

 

息子:「ねぇ、この問題なんだけどさぁ…。」

 

なんと、「勉強の質問」を連日のようにするようになったです!! Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

私はこの仕事柄、自宅では子どもたちに勉強のことは基本的に口出しをしないようにしています。

 

ただでさえ父親にうるさく言われるのは嫌な年ごろなのに、父親が「教えることを仕事としている人間」となればなおさら嫌だろうと思うからです。

 

 

そう思っていたので、息子からの質問はちょっと嬉しく思いました。

 

でも、それと同時に私は自分が声を掛けなかったことをちょっぴり反省してしまいました…。

 

もしかしたら息子はずっといろいろと聞きたかったのに聞けずにいたのかなぁと…。

 

いや、勉強のことだけじゃなく、本当はもっと自分とコミュニケーションを取りたがってたのかなぁと…。

 

 

自分も息子ぐらいの年齢のときを思い出してみると、親だけじゃなく学校の先生や周りの大人に対して「複雑な思い」があった気がするんです。

 

あんまり口うるさく言われれば「しつこいなぁ…。」と思う。

かと言って、言われなきゃ言われないで「自分には全然関心がないのかぁ…。」と思う。

 

もしかしたら、息子もそんな気持ちでいるのかなぁ、寂しかったのかなぁと思ってしまったわけです。

 

 

うちの先輩講師からも「子どもと一緒にいてあげらるときはいてあげないとダメだよ。」とアドバイスをされたことがあるんですが、なかなかできていなかったなぁと…。

 

 

とは言え、今は入試間近かつ年度末でいろいろと頑張らないといけない時期。

 

なかなか長い時間一緒にいることはできないけれど、自分がしてあげられることはちゃんとしてあげたい。

 

もうしばらくだけは勘弁してな…。<m(__)m>

 

******

 

ということで、今日も父ちゃんは張り切って頑張りたいと思います!!(*^_^*)

 

今日も1日元気出して行きましょ~う!! それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!