何度も言いますが、国語って大事なんです!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

今週から新年度からに向けて、中2以下のご家庭さまと面談をさせていただいています。

 

各ご家庭の保護者さま。いろいろとお忙しい中、お時間の都合をつけていただいて本当にありがとうございます。

 

いろいろとお話をお聞きし、こちらもとても励みになっております。

 

これからも自分がさせていただけることは精一杯努めてまいりますので、引き続きどうぞ、よろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

******

 

さて、今日はうちの教室の「小学生の国語」の学習についてお話させてください。

 

今、うちの教室では「教科書準拠版」のテキストではなく「標準版」というテキストを使っています。

 

そのため、お子さんたちは毎授業、学校では学習したことない「初見の文章」を読み解くことなっています。

 

テキストの題材は「物語文」や「説明文」だけでなく「詩」や「文法」、「ことわざ」や「慣用句」なども掲載されているものを使っています。

 

なぜ、うちの教室では「準拠版」ではなく「標準版」のテキストを使っているのか…?

 

もし、「学校のテストで点数をあげたい」というのなら絶対に「準拠版」を使用した方がいいはずです。

 

でも、うちの教室が目指しているのはそこではありません。

 

うちの教室が目指しているのは「初見の文章でもきちんと読み解くことができる”本物の国語の力”を身に着けさせること」なんです。

 

先日のブログ(こちらもどうぞ)でも簡単には書きましたが、国語はパソコンやスマホ・タブレットで言うところの「OS」のような存在です。

 

各教科の成績向上の土台にあるのは「国語の力」だと私はずっと思い続けていますし、小学生のうちにしっかりとした「国語の力」を育てていくことが、間違いなく中学生以降に大きな差になると感じています。

 

実際、うちの教室で毎月実施している「学力テスト」の結果を分析しても、国語の成績が上がってくるにつれて、算数の成績も向上している方が多いことからもそう感じる理由の1つです。

 

小学生のうちは「習い事」や「特設クラブ」などで忙しいとはいいものの、中学生のように忙しくはなく、じっくり時間を掛けて学習に取り組んでいただける時期。

 

だからこそ、私はこの時期に各教科の「土台」となる「国語の力」をしっかり高めて置いて欲しいと考えています。

 

数学や英語、理科や社会も問題文はすべて「言葉」で書かれています。

 

数学なら「言葉」で書かれた内容を「数式」に変換します。

英語なら「英文」で書かれた内容を「日本語」に変換し、理解していきますよね。

 

そう考えると「国語の力」っていうのは本当に大事なんだと思うんですね。

 

さらに「標準版」のテキストを使うことで、毎回いろいろな「文章」に触れることになります。

 

すると、いろいろな「表現」「言葉」「考え」にも触れるようになります。

 

これが「知識の貯め」となり中学校以降の学習の「差」となるんですよね。

 

「国語の力」は大人になっても必要な重要な力。

 

今後は大学入試に「記述式」も取り入れられるようになる点からも絶対に高めて置かなければならない力だと私は考えています。

 

ぜひ、お子さんに”本当の学力”を身につけさせたいとお考えならば、「国語」に力を注いでいただければと思っております。

 

私どもも新年度から今以上に「国語の指導」に力を注いでいくよう、着々と準備を進めております。

 

ぜひ、ご期待くださいませ。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!