負荷を掛けることが大事!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

昨日、中学3年生は冬期講習会の最終講座の日でした。

 

今回の講習会では、各教科、入試で実際に出題された問題を使って授業を行ってきました。

そのため、お子さんたちにはかなり「負荷」が掛かった学習になったと思います。

 

「新教研テスト」や「実力テスト」と比べるとだいぶ難しい出題も多数。

 

きっと、多くのお子さんにとっては「うげぇ~。こんなの入試で解くのかぁ~。」という出題もたくさんあったかと思います。

 

ただ正しく言えばこれらの問題は「難しい」という表現よりも、「きちんと考えないと解けない問題」いわゆる「思考系の問題」と言った方が良いと思います。

 

いわゆる「単純作業的な問題」ではなかったということですね。

 

私が担当していた女子チームのお子さんたちも、書いては消してを繰り返し、一生懸命脳ミソをフル回転させながら問題に取り組んでくれていました。

私は以前から「勉強も筋トレも同じ!!」という考え方でして、今の自分にとってある程度負荷の掛かるトレーニングに取り組んでいかないと力はついていかないと考えています。(負荷がきつ過ぎてもまったく歯が立たないのでダメですけどね!!)

 

最初は自分1人ではなかなか解ききれない問題。

それを私たちという「補助役」に支えられながらでも練習を積み重ねていく。

 

そして、徐々に補助をなくしていく。

それが難無く解けるようになったなら、また1つ負荷のレベルを上げていく。

 

そうやってトレーニングを繰り返していくことで「考える力」のレベルが上がっていくと私は考えています。

 

入試まで残り約2か月。

 

今日・明日で冬休みの授業は終了になりますが、入試までの残された期間もぎっちりトレーニングを続けていきますよ!!(*^_^*)

 

取りあえず、今日の「新教研テスト」でこの冬休みに取り組んで来た成果を発揮してもらえればと思います。頑張ってくださいね!!

 

それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!