考える力を伸ばしてあげたい…!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

こちらの画像はお子さんが解いているワークの様子。

 

「綺麗さ」は取り合えずさておき、テキストの「余白」だけでなく、別の用紙も使って必死に考えているのが伝わりますよね。

 

======

脳ミソをフル稼働し、一生懸命考えること。

======

 

答えが当たっている、外れているよりもこれが本当に大事だと私は思います。

 

そうやって脳ミソを一生懸命稼働させることで「考える力」が養われていくと思うからです。

 

 

例えばスポーツだって音楽だっていきなり最初から上手くいかないですよね?

 

何度も繰り返し練習をするから上達していくわけです。

 

最初は「難しい…。」「大変だ…。」「もう、やりたいくない…。」と思っていたはずなのに気づけば「もっとこうしたらどうだろう…。」「今、やめたくない…。」」「もっと練習しなきゃ…。」といつの間にか気持ちが「前向き」に変わってくる。

 

何度も何度も失敗を繰り返しながらようやく「正解」に辿り着く。

 

そのときのお子さんの表情はとても「喜び」「充実感」に満たされています。

 

そして、その表情を見ることができた私たちもまた「喜び」「充実感」に満たされてます。

 

 

私自身は練習の段階での「答え」の「正解」「不正解」自体にはさほど興味はありません。(但し、本番のテストのときは別ですよ。(笑))

 

むしろ、その答えを導き出すまでのお子さんの「取り組み方」や「気持ち」、「計算過程」の方が強く興味があります。

 

特に小学生のお子さんたちには中学校の入るまでにしっかり「自分自身でしっかり考える」ということを習慣化させてあげなければと考えています。

 

「0」から「1」を作るときはもちろんですが、人から指示を受けて物事を進めるにしても「自分自身できちんと考える」ことをしているのか「何も考えずにただやっているだけ」なのかでは、まったく結果が変わってきてしまうと思うからです。

 

塾に来るのはお子さんの生活時間の中で言えばほんのわずかの時間かも知れません。

 

でも、その時間の中で私ができることはきっちりやらせてもらおうと思っています。

 

 

1人でも多くの方に「考えるって楽しいね!!」と言ってもらえるよう、私も努めていきたいと思います。

 

******

 

さあ、今日で今週の授業はラストです。

 

今日も張り切って行きたいと思います。それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!