国語の苦手なお子さんとの面談にて

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

昨日の夕方、ある小学生の塾生&お母さまと面談。

 

この生徒さんが入塾後初めて受験した「学力テスト」の結果が戻ってきたためです。

 

「塾のテストと学校のテストの違い」、「今回のテスト結果を踏まえ、今後どのように自宅や塾で学習を進めていったら良いか」…など様々なお話をお母さまだけでなく、お子さんにもしっかりさせていただきました。

 

この部分をしっかりお話しておかないとせっかく届いた貴重なデータも「偏差値」や「点数」を見ておしまいになりかねないですので…。

 

******

 

このお子さんは算数に比べ、国語が苦手。

 

本人さんとも話をしたのですが「文章を読むことが嫌」ではあるけれど、もっと突き詰めると「知らない言葉がたくさんあって意味が分からない…。だから読むのが嫌だ…。」との話になりました。

 

そこで私はお子さんとお母さまに次のことをお願いしました。

 

私:「まずは『国語の辞書を引くこと』を毎日の習慣にしていただけないでしょうか。」

 

具体的には、毎日続けれられる個数(ひとつの目安として5個程度でOK)なので「二字熟語」や「慣用句」などの意味調べを継続してもらいたいとお願いをしました。

 

学校で使用している漢字ドリルに掲載されている「二字熟語」でも構いません。

あるいは、新聞の記事の1つから、お母さんがマルで囲んでくださった「言葉」でも構いまえん。

 

とにかく今は「語彙力を増やす」ために毎日辞書に触れ、「意味調べ」を「習慣化」して欲しいとお願いしました。

 

そして、少し余裕があるのであれば辞書に掲載されている「例文」の書き写し、それをベースに自分で「短文を作る」ことまでしていただけたらありがたいともお話をしました。

 

※ これを毎日の「自主学習」の中に取り入れていただいたらなお良いのではというお話もさせていただきました。

 

******

 

私が今までお子さんと授業をしてきまして、国語の苦手な方の原因の1つは「そもそも言葉の意味が分からない」「その言葉を知らない」ということがあるように感じます。

 

そして、そういう状態のまま長い文章を読むのは「おもしろくない」ですから、「きちんと読まない」わけで、そうなるといつまで経っても「読める」ようにはならないわけです。

 

 

国語の苦手なこのお子さんに、いきなり「毎日本を読みなさい」だの「毎日新聞を読みなさい」だのと言っても、これはハードルが高く、正直長続きしないのではないかと判断。

 

それよりも、まずは少しずつでも「辞書を引く」を続けてもらって、いろんな言葉を蓄積していくことの方がより効果が高いと判断し、お話をした次第です。

 

******

 

そして、お母さまには最後に”もう1つだけ”お願いを加えさせていただきました。

 

私:「お母さまも忙しいとは思うのですが、どうか、お子さんに『任せっきり』にはしないでください。

   特に小学生のお子さんはまだまだ『自己管理』ができない部分もあります。

   決して長い時間を掛ける必要はありませんから、お子さんと一緒に取り組んであげてください。」

 

するとお母さまが本当に良い方で「分かりました。私も頑張ってやります!!」とご返事いただきました。

 

毎日塾で見てあげられればいいのですが現実はなかなかそうならないのです…。

ですので、お家の方(特にお母さま)のご協力を得らることは、本当に力強いことなんです。

 

ご理解、心より感謝申し上げます。<m(__)m>

私どもも精一杯サポートさせていただきますので、みんなで力を合わせて取り組んで行きましょう!!

 

さあ、今日も張り切って行きましょう!! それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 学校からまっすぐ教室に通える!
  • 通塾日時はご相談の上、決定!
  • 授業がない日でも、教室に来て自由に学習できる!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国庫・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の予習・復習」+「旧学年の復習」
  • 授業がない日でも、教室に来て自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 0120-94-1859
午前9:00~午後10:00
(教室不在時は転送されます。)