「効き目」があったようで何よりです。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「進学塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

昨日、本部教室で小学生のお子さんたちの学習指導をしていたときのこと。

 

「ブーブーブー」と私の携帯のバイブ音が聞こえました。

 

画面を見るとメールの着信でした。送信元は先日三者面談をさせていただいた小学生の塾生さんのお母さまからでした。

 

 

この生徒さんはとても明るく活発で元気いっぱいのお子さん。

 

なのでスポーツなど身体を動かすことやそれらに関する話題のときは本当にイキイキとしています。

 

ところがその一方「学習」に対してはつい「面倒くさい…。」という意識が出てしまうところが少々ありました。

 

お子さんのそんな様子を見てお母さまは以前から「心配」が絶えず、私にもいろいろとご相談のご連絡をいただいておりました。

 

 

私が今回「三者面談」という形でお話をさせていただいたのも、お子さん自身に「今の現状がどのような状態なのか」ということ、そして「中学校の日々の学習と将来受験する入試がどのように連動してくるのか」ということをきちんと知ってもらいたいと思ったからです。

 

さらに、今から中学校に向けて改めて「学習を習慣化すること」と合わせ、「弱点をきちんと補強してから中学校に入学して欲しい。」と強く思ったからです。

 

 

私は普段、小学生のお子さんには「成績面」を全面に出した面談はしないようにしています。

 

というのもお子さんが「成績面」ばかり強く意識し過ぎて、「点数さえとれれば良い」「偏差値さえ上がっていれば良い」という考え方になって欲しくないと思っていたからです。

 

それよりも「現時点での弱点」をきちんと把握してもらい、そこを克服するためにどのような学習(練習)をすれば良いのかをお話し、共に実行していくことの方が大事だと思っていました。

 

 

ただ、今回はいつもとちょっと違いました…。

 

「この子にもっと”危機感”を持たせないとマズいな…。」

 

そう思った私は中学生の「新教研テスト」の各高校の「合格基準偏差値一覧」を見せ、お子さん自身に「今の現状」を伝えたのです。

 

私:「テストの業者が違うし、全国版と県内版の違いもあるのでこのままデータを見てはいけなんだけど、今の君の立ち位置はここなんだよ。」

 

するとお子さんは一瞬「えっ?!」という感じで目を大きく見開き、その一覧表を見たのです。

 

お母さまもお子さんのその様子を「あの表情を見れただけでもちょっと安心しました。」とのコメント。

 

 

メールはその面談後のお子さんのお家での様子についてのご報告で、次のようなことが書かれていました。

======

・ 普段ならギリギリになってからしかやらない課題に今回は素早く取り組んで終わらせていたこと。

 

・ 中学生になったら毎日教室に行って、しっかり学習をすると話していたこと。

======

 

少しは面談の「効き目」があったようです。お母さま、お時間作っていただき、ありがとうございました。

 

 

人間ですのでまたしばらくし、日々忙しくなると元に戻ってしまう可能性もあります。

 

ですので、私たち大人がしっかりとサポートしてあげることが大事だと私は思っています。

 

どうぞ引き続き、ご理解とご協力、よろしくお願いいたします。<m(__)m>

 

 

それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ‼

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 学校からまっすぐ教室に通える!
  • 通塾日時はご相談の上、決定!
  • 授業がない日でも、教室に来て自由に学習できる!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国庫・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の予習・復習」+「旧学年の復習」
  • 授業がない日でも、教室に来て自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 0120-94-1859
午前9:00~午後10:00
(教室不在時は転送されます。)