小5の算数ってとっても重要なんです!!

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

毎週木曜日は平日の中で最も早い授業スタート。

 

午後3時前になるとダッ、ダッ、ダッ…と元気よく階段を上る音が聞こえます。

 

その音がしたかと思と、次の瞬間…。

 

「こんちは~!!」

 

小学3年生のお子さんたちの元気な声が教室に響き渡ります。

小学3年生のお子さんは学校よりひと足先に「小数」の学習が終わったところ。

 

Uちゃん:「小数、楽しい!!」

 

いや~、そう言っていただけるとこちらも嬉しいです。(*^_^*)

 

 

私:「Kくん。今日は最後『確認テスト』するよ~。満点だったらポイントカードのスタンプ3つね!!」

 

Kくん:「よっしゃ!! 頑張るぞ~!!」

 

そう言って気合いを入れて臨んだテストは見事「100点」

 

帰りお迎えにいらしてくださったお母さんにそのことをお伝えするとお母さんも「良かったね~!!」とニッコリ。(*^_^*)

小5のお子さんは学校よりひと足先に「単位量あたりの大きさ」の学習に入りました。

 

長年塾の先生として仕事をしてきましたが「小5の算数」の内容ってとても大事だと思っています。

 

私個人の意見としては「小学校算数の中でいちばん重要なのは小5の内容」だと思っています。

 

なぜなら、中学校で学習する「数学」や「理科」に直結する内容が本当に目白押しだからです。

 

「小数どうしのかけ算・わり算」や「異分母の分数のたし算・ひき算」の計算はもちろんのこと、「単位量あたりの大きさ」や「割合」など、どれもこれも本当に大事な内容です。

 

中学校に入って「数学」や「理科」でつまずく人の原因の1つは「小5の内容がきちんと理解して、自由自在に扱えるようになっていないから」ということがあります。

 

例えば、中1で学習する「密度」や「圧力」などは「単位量あたりの大きさ」の内容がきちんと理解できている人なら「公式」の意味も分かるでしょうし、「定義」の説明を受けただけで公式に頼らずに値を求めることもできるはずです。

 

同様に、同じ中1で学習する「パーセント濃度」や中2で学習する「湿度」も、「割合(百分率)」の考え方と「小数どうしのかけ算・わり算」が素早く正確に計算できる人にとっては苦戦をしいられるような内容ではありません。

 

ということで、ここからの学習内容はより一層力を注いでもらいたいところ。

 

私も気合いを入れて授業に臨んで行きますよ~!!(*^_^*)

 

******

 

さあ、今日も元気出して行きましょうね~!! それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)