本当の意味で「計算ができる」ということについて

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

ここ数日、本当に秋らしい過ごしやすい天気が続いてますねぇ~。

 

お子さんたちを連れて「芋煮会」にでも出かけたい気分ですね!!(*^_^*)

 

******

 

 

「計算はできるんですが、文章題になると苦手なようで…。」

 

はじめて教室にいらしてくださった親御さんや生徒さんからよくお聞きするお話のの1つ。

 

「文章題」の件についてはまた別の機会にお話することとしまして、今日は「計算」の件です。

 

 

私自身は「計算ができる」というのは「やり方を知っている」「正しく計算できる」というだけでは本当に「計算ができる」とは言えないと考えています。(あくまでも「プロ」の立場からの意見です。)

 

「正しく計算できる」だけでなく「素早く」という要件をきちんと満たしてくれていてはじめて「計算ができる」というと思っています。

 

さらに言えば、正しく、素早く計算するために「計算を楽に行う工夫ができること」が本当に「計算ができる」ということだと思っています。

 

******

 

自身の経験的に言っても「計算スピード」というのは「練習量」に応じて上がるものだと思います。

 

いわゆる「慣れ」ってやつですね。

 

 

ただ、これを「根気よく続ける」のはなかなか大変なことでもあります。

 

昨日も書きましたが「単調な作業の繰り返し」はお子さんたちにとって辛いものだからです。

 

******

 

そこで、少しでも計算が「楽で楽しくなる」ように、少しでも「興味を持っていただける」ように、「計算の工夫の仕方」を伝えてあげるわけです。

 

例えば、「216×5」のような「偶数×5」の計算。

 

こういったものは「偶数」の部分を「整数×2」の形に崩してあげることで計算がぐっと楽になります。

 

具体的にはこんな感じですね。

 

 216×5 = (108×2)×5

      =108×10

      =1080

 

慣れてこればいちいち「筆算」をするなんてこともなくなります。

 

あとは「1000 ー 537」のような計算。

 

これを筆算でやろうとすると、隣の位から10を借りるために、さらに隣の位から10を借りて…と複雑になってしまいます。

 

そこで、「1000」を「999+1」と考え、先に「999ー537」を計算してしまえばいいわけです。

 

******

 

この他にもいろんな「計算の工夫」の仕方はありますが、こういうものを上手に使いこなせるようになると計算が楽になるだけでなく、とても楽しいものになると思います。

 

そして、楽しいものといのはぐんぐん力も伸びていくものです。

 

せっかく塾に通ってきていただくのであれば、「教科書通りの解き方」じゃつまらない。

「やっぱり塾に来て良かったぁ~!!」と思っていただけるような内容をお伝えしたいと思っています。

 

お子さんたちに「算数って面白いね!!」と言っていただけるよう、これからも努めます。それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)