差がついた理由はやっぱりこれじゃないでしょうか…。

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

昨日から授業は「お休み」でしたが、結局、新盆のお参り以外「ほぼ仕事状態」になってしまいました…。

 

休み明けの「プリント」の準備がぜ~んぜん出来ていなかったからです。(*´Д`)

 

夏休み前は「お盆休み前までの教材」の準備で手いっぱい。

講習会に入ってしまうと「時間的」にも「体力的」にもお盆休み明けの準備まで手が回らず…。

 

毎年「来年こそ、初日からゆっくり休めるようにするぞ…!!」と思って次の年を迎えるのですが、なかなか実現ができないままです…。

 

息子のヘルプもあり、昨晩(というか日をまたいでの正確には今日)何とか準備も終わり、今日からはやっとお休みになりそうです。(*^_^*)

 

******

さて、話題はおとといの「新教研テスト」について。

 

まずは、中学生の皆さん、お疲れ様でした。<m(__)m>

 

 

昨日のブログでもお願いしましたが、この休み中にきちんと「解き直し」をしておいてくださいね。

 

 

お子さんたちの自己採点や答案用紙を眺めていきますと、改めて感じることがあります。

 

 

そそもの「力量の差」がありますので、点数だけで「伸び」を語ることはできませんが、前回よりも結果を伸ばすことができた方に共通なのは次の点です。

=====

1) 技術・知識的なことから方法論まで、自分が話したことをしっかり意識して取り組んていたこと

 

2) それらを教室の中だけでなく自宅でも行い「反復回数」を増やしていたこと

=====

 

自分は以前から「勉強の初期段階では、質よりも量を追いかけるべき」と考え、お子さんたちに言い続けています。

 

特に基礎・基本がしっかり仕上がっていないうちはなおさらです。

 

これらは何度も何度も繰り返して「頭で考えるレベル」ではなく「無意識のうちに手が動くレベル」まで持っていってなんぼだと思っています。

 

むしろ、これがしっかりできてくれば自然と「応用問題」にも対応できる力が備わってくるはずです。

 

 

今回、かなり大幅に点数を延ばしたお子さんも数名いたのですが、そのお子さんたちはみんな、そこを徹底していたと感じます。

 

点数は伸びたけど小さな伸びで止まってしまった人、あるいは伸ばし切ることができなかった人はそこの徹底がまだまだだったように感じます。

 

******

 

私はお子さんとの面談でこんな話をします。

 

「塾での指導って、お医者さんと患者さんの関係に似てるよね。

 

 診察をしてきちんと症状を見抜いて治療法を提示したり、お薬を出したりするのは医者の仕事。

 

 でも、病気を治すためには医者だけじゃなく、患者さんも頑張らないと症状は良くならない。

 

 治療法への理解を深めたり、忘れずにきちんとお薬を飲んだりする努力を怠ってはダメだよね。」

 

******

 

今回、良い結果を出せた方はそれを持続・発展できるように努めてください。

 

そして、今回悔しい思いをした方は「今、何をすべきか?」もう1度考え、即行動に移しましょう。

そして、夏休み明けの「実力テスト」「新教研テスト9月号」で結果を残せるように努めてください。

 

この休みが明けると、あっという間に時間が過ぎていきますからね…。

 

「あのとき、もっとやっておけば良かった…。」と悔やむことのないよう、お互い「最善の努力」を心掛けていきましょうね。

 

それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)