昨日の話題に1つ、付け加えを…。

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

「アイシースクール富久山教室」の小菅です。

 

******

 

昨日「過去問演習」についての話を書きましたが、今日はその追記を。

 

「問題に見慣れる」ということをお話しましたが、それ以外にはこんな点も挙げられると思います。

 

「自分の理解不十分なところに気づくため」

 

練習のときは解けると思っていたのにテストでは解けない。

その原因の1つには「分かったつもり」というのもあります。

 

私が長年指導してきた経験からすると、数学の基礎的な内容で言えば1次関数の「変化の割合」「yの増加量」に関する問題、「変域」に関する問題、「グラフとx軸、y軸との交点」に関する問題なんかそうですね…。

 

ほんのちょっと聞き方を変えられただけなのに途端に「あれ…?」ってなるのは「表面的な理解」で止まっていて「本質的な理解」ができていないからです。

 

あとは「おうぎ形の弧の長さ・面積」や「円柱や円錐の側面積・表面積」の問題もそうですね。

 

せっかく「公式」を覚えても、それを「1つの使い方」だけしかできないっていうのも同じ理由だと思います。

 

私が思うに「過去問を解く」っていうことは、運動系の部活でいうなら「練習試合をする」ようなものだと思うんです。(「もぎテスト」の受験も同じです。)

 

「練習したこと(=授業でしたこと)」を「実戦(=過去問)で試してみる」

「実戦(=過去問)でできなかったこと」を「再び練習する(=復習する)」

 

みんなが一生懸命取り組んでいる部活に置き換えてもらうと分かりやすいのではいないでしょうか。

 

「練習」ばかりでは気づけないことも「実戦」を通すと見えてくるもの。これは日頃この学習でもまったく同じ。

 

 

さあ、いよいよ中学生のみんなは「もぎテスト」まであと2日間です。

 

「台風」に負けず、今日も張り切って行きましょう!! それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)