さあ、記憶が新鮮なうちにやってしまうのですよ…‼

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室の小菅です。

 

 

今日も朝からガンガン暑いですね…。

暑さには結構自信がある自分でも、これはクラクラっとくる暑さです…。

 

今日、行健小の特設水泳部のお子さんたちは放課後カルチャーパークのプールで練習だそうな…。

 

行くのは夕方だけどかなりしんどいだろうなぁ…。

 

頑張るのも大事ですけど、くれぐれも無理はなさらないように。<m(__)m>

 

******

 

昨晩、中学3年生での授業でのこと。

 

先日のブログでも記載した通り(こちらからどうぞ)、授業の冒頭で「読書感想文」の書き方について簡単にレクチャーさせていただきました。

 

私:「最初に断っておくけど…。今回はあくまでも『コンクールで入賞するため』の話ではない。

   あくまでも学校の先生から『叱られない』『やり直しさせられない』レベルでのお話だからね…。」

 

※ と言ってはいますが、今回私が話したことを守って、内容や表現をきちんと吟味すればコンクール入賞もできないわけじゃないんですよ。でも、今回はそれが目的ではなく「さっさと終わらせて受験勉強に集中してもらうこと」が目的なので敢えて上記のような断りをさせてもらいました。<m(__)m>

 

私:「そもそも何で書けないかっていうと、みんな『型』を持ってないからなんだよ…。

 

   いろいろな書き方があるけど、まずは基本となる『型』に沿って書くことが大事なんだな。」

 

そう言って、私は次のようなことをお話させてもらいました。

******

1) 「書き出し」をひと工夫すれば、文はスラスラと流れ始める。

 

2) 「原稿用紙5枚」をどのように使うのか?(おおまかな構成)

 

3) できるだけ短時間で仕上げるために、どんな本を読めばいいのか?

******

 

私がホワイトボードに板書をしながら話を始めると、何も言う前からみんな一生懸命メモを取り始めてくれていました。感心、感心。(*^_^*)

 

詳しい内容はあくまでも「塾生さん限定」の企業秘密になるのでここでは明かせませんが、間違いなく「どうやって書こうか…?」という不安や迷いは無くなってもらえたのではないかと思います。

 

 

ぜひ、今回お話した内容の記憶が新鮮なうちに「感想文」、仕上げてしまってくださいね!!

 

 

すいません。今日はいろいろと業務が立て込んでいるので、このへんで。それでは、また。<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)