「中体連」も大事なんですが、こちらもお忘れなく。<m(__)m>

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

******

 

 

昨日、来週行われる「中体連 」の件について書いたものの…。

やはり、塾側としてはこの件について触れないわけにはいかなのです!!

 

「定期テストの準備、そろそろ始めてくださいねぇ~!!」

 

既にテストを何度か経験している中2・中3のお子さんたちであれば、どのぐらいのペースで学習を進行すればよいか十分知っていると思いますが、中1のお子さんたちはそうではないと思うんです。

 

※ おい、うちの息子もちゃんと聞いてるか~?

 

小学生のテストと中学生のテストの大きな違いはここにあります。

==========

「量」の問題

==========

 

小学生のときの「テスト」は、基本的に「単元テスト」ですから範囲が「極限られている」テストだったんです。

 

でも、中学生の場合、「単元」が複数一緒になって出題されますので、小学生のテストと比べるとテストの出題範囲が「かなり長い」と言えます。

 

ですから、小学生のときの感覚で「テスト前のちょろちょろって見直せばいいかなぁ~」的な感覚でテストに臨むと、完全に撃沈です!!

 

しかも、テストは基本1日のうちに「主要5教科」全部のテストをします。

 

ということは、試験直前の数日間だけでは、十分な見直しは難しいんですね。

 

なので、少しずつでも構いませんので「テストに向けた準備」を始めて欲しいと思っています。

 

****** 

 

「具体的にはどんなことをすれば良いのか…?_」

 

 

私がまず最優先してやって欲しいと思うことは「学校から配布されている主要5教科のワーク」をきちんと解くことです。

 

「テスト範囲」が発表されていないうちから進めてもらって、「テスト実施日から最低でも1週間前」には範囲に記載されている指定ページが解き終わっているのが望ましいです。

 

しかも、それを解くときに「間違えたもの」「調べないと分からなかったもの」などは問題番号の脇などに

「目印」を記しておいてもらうと良いです。

 

そして、テスト1週間前はその目印を記した問題を中心にぎっちり「復習」をするのが理想です。

 

基本的に、学校の「定期テスト」は、学校から配られたワークや単元テスト、プリントなどから出題されるものです。

 

ですから、まずはそれらをしっかり行ったうえで、「もう少し練習したい」と思う部分を塾からプリントを貰って学習してもらうと良いのではないかと思います。

 

******

 

先日、各ご家庭にご案内しましたが、平日だけでなく学校がお休みの土曜日も「教室開放」はしてますので、そういう機会を上手に利用して、少しずつ「テスト準備」を進めていただければと思っています。

 

どんどん、塾の環境を上手に利用してくださいね!! それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)