テストで高得点を取るために -その1-

おはようございます。<m(__)m>

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

*****

 

今日は昨日とは打って変わって、生憎の曇り空。

でも、市の陸上大会に出場している方にとっては、このぐらいの天気の方の好都合でしょうかね。

 

うちの教室でも、今日出番のある生徒さんが数名おります。

 

ケガのないよう、頑張って来てくださいね~!!(*^_^*)

 

*****

 

昨日の夜、私は行健中のお子さんたちの「数学」「英語」の授業日。

 

私:「今、学校はどの辺りまで進んだの?」

 

学校の進度に後れを取らないように、毎授業、お子さんたちに学校の進捗状況を確認。

 

学校全体の生徒数が他の中学校よりも多いせいもあってか、現段階では他の中学校の進度と比べるとかなりゆっくりのようです。

 

 

でも、そう思ってこちらがちょっと授業スピードを緩やかにすると、急にその動きが早まることも少なくありません。

 

”油断大敵”

 

そんなわけで、陸上大会後&中体連前でお子さんたちもややお疲れ様の様子でしたが、新しい単元の学習に突入させていただきました。

 

数学は「等式の変形」、英語は「不定詞」を学習。

 

毎年のことながら、どちらの内容もお子さんたちにとっては「とっつきにくい学習内容」です。

 

両者とも、パターン別に「単品」で学習しているうちはどうってことないんです。

 

ところが、学習したものが「混ざり出した瞬間」からですよ、問題は…。

 

「あれ…? これは移項するんだっけ?逆数を掛けるんだっけ?」

 

「これって、名詞的用法?それとも副詞的用法?」 …などなど。

 

*****

 

私がやってきた「野球」もそうなんですが…。

 

「球種」や「コース」が分かっていれば、それを打ち返すのはそんなに難しい話じゃないんです。

 

これらが「組み合わさって」「混ざり出す」から厄介になるわけなんですよ。

 

ですから、テストで高得点を取るためには常にこの点を意識した学習をせねばならぬってことなんです。

 

とは言っても、教科書もテキストも基本「順序良く項目ごと」に載ってますからねぇ~。

 

*****

 

さて、この問題をどう乗り切るのか…?

 

その方法の1つについては、明日のブログでゆっくりと書かせていただきますね。

 

ということで、また明日もお付き合いくださいませ。それでは、また。(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)