どんどん声に出してみましょうね!!(*^_^*)

おはようございます。

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

「英語は実技。 声に出してなんぼだ!!」

 

これ、私の「英語」という教科に対する基本姿勢です。

 

 

そもそも「英語」って「言葉」ですからね。

「コミュニケーションの道具」の1つであって、使ってなんぼのものです。

 

だから、上手・下手、分かる・分からないは取りあえず置いといて、自ら実際にどんどん口に出してみることが英語の学力アップにはとても重要じゃないかなと私は思っています。

 

車の運転しかり、野球だってパソコンだってゲームだってスマホだって、いくら本を読んでいても上手くならない。

実際に自分でどんどん「やってみる」ことなしに上達することはないじゃないですか。

 

 

 

実際私自身、中学校のときは授業内で何度も何度も教科書本文を「音読」させられていました。

また、家でもブツブツと声に出しながら、教科書本文を何度も書き写していたように思います。

 

だから、今でもその当時学習した教科書の本文、口に出して言える部分も結構ありますもん。

 

「道案内」の学習で学んだ、「Please tell me the way~」の言い回しなんかは、その代表的な例です。

 

 

そうそう。私が学生当時お手伝いをさせていただいていた個人塾のおばちゃん塾長も、数学や理科などは私たちアルバイトに任せてましたけど、「英語」だけはほぼ自分が指導するようにして、生徒たちと大きい声で「音読」してましたもんねぇ~。(ちなみにこの塾は毎年「ほぼ100%」の志望校合格率)

 

 

生徒さんたちを見ていますとですね、「英語の苦手」な生徒さんには1つの共通項があるように思います。

 

それは、これです。

==========================

◆ 「単語」「文章」を見ても、読めない。

==========================

 

英語の授業時に「これ、読んでご覧」と言って文章を指したときに「これ、何て読むんでしたっけ…。」となることが多いように思うんです。

 

 

「読めない」ものを覚えるなんてできるわけないし、実際に使えないですもんね…。

 

今年から「英語」を全学年自ら担当するようになって、改めて「口に出すこと」の重要性を痛感しているところです。

 

そのため、今年から小学生も中学生も「音源」を取り入れ、音を聞いて、それを声に出すことを少しずつ意識させているところです。

 

 

英語の学習は「書く」だけじゃダメ!! どんどん「口に出してみる」ことを強く意識してみてください。

 

きっとその意識の変化に伴って「英語の成績」も変ってくると思いますよ。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)