溜めんなって言ってっぺな!!

【今からちゃんとやっておかないと、後で痛い目を見るぞ~!!やんない奴は呼び出すかんなぁ~!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

やっちまいました…。

昨日は、うっかり写真を撮るのを忘れてしまいました…。(*_*)

 

今日の更新は画像なしです…。すみません。<m(__)m>

 

=====

 

昨日の夜は中1との授業。

 

「定期テスト」まで1か月を切り、先日の授業で私はお子さんたちにこんな指示を出していました。

 

私:「金曜日の授業、学校のワークを持参すること。」

 

「学校のワーク」を溜めずにきちんと習ったところまで進めているのかのチェックをするためでした。

 

 

私もこの仕事をしてもうすぐ「四半世紀」になるんですが、基本的に「学校のワーク」がテスト直前まで終わらず、それを終わらせるだけで精一杯になっている方で好成績を出している人というのはほとんど見たことがありません。

 

こういう学習の仕方で好結果を出せるのは「天才肌」と言われる、一部の特殊タイプの人のみ。

私を含めた「凡人」は、こういう学習の仕方ではダメなんです…。

 

テストというのは「アウトプット型」の勉強。

何も見ずに、スラスラと答えられるように何度も何度も繰り返し解いて、解き方・答えを「覚える作業」をしないと点数は取れないわけです。(ちなみに今はこういう「詰め込み型」のではない学習へお子さんの学習が変わりつつありますが…。)

 

だから、できるだけ学校のワークは「早めに終わらせること」が大事なんです。

 

 

理想は「テスト範囲が出た段階」で、今現在までで習ったところまでは終わっていること。

そして、少なくとも「テスト実施日の1週間前まで」には指定されたページは完了していること。

 

これが、テストで好結果を出すための「スタートライン」とも言えます。

 

 

私:「どれ、帰る前に学校のワーク、出して? チェックするから。」

 

そう言って1人ひとりのワークを確認すると…。

 

私:「こりゃヤバいよ…。来週の金曜日までにここまで進めてきなね。宿題だよ。」

 

  「うわ、うわ、うわ…。こっちも酷いな…。これは急がないといかんよ…。」

 

 

私が思っていた以上に随分と溜め込んでいたようです…。

 

まぁ、私もそうですけど、誰かに尻を引っ叩かれないと人間はついつい「楽な方」へ向かってしまいますよね…。

 

「鬼!!」「悪魔!!」と言われようが、ここは自分がしっかりやらせきらせないとな…!!

 

 

昨日、自分が「ここまではやってくること!!」と言って指定したページまではきちんとやってきてくださいませ。 やってこないときは「居残り」させっからねぇ~!! よろしくお願いしますね!!

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 塾の教室も利用可能です。お家で進まない方はぜひ、どうぞ!!(*^_^*)