「叱る」

【相手のためとは思うんですが、やっぱり疲れます…。できれば、したくないです…。( ´Д`)=3 フゥ】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

  

昨日の夕方、自習に来ていた受験生のお子さんたちがいました。

 

私は隣の教室で小学生のお子さんたちと授業をしていたのですが、明らかに勉強に集中できていない様子。

 

普段ならそんな感じがなく、一生懸命取り組む子たちなんですが、昨日は本当に浮足立っていたんです…。

私立高校の入試もあって、学校全体の雰囲気もきっとそんな感じだったんだと思うんです。

 

大きな声で話をし、笑っている様子に、自分の「怒りの導火線」に火が付き始めていました。

 

その教室には、先に教室に来て、今日の「定期テスト」に向けて黙々と学習をしていた他のお子さんがいました。

 

この子のためにも注意しないと駄目だなと思いつつも、ちょっと様子をうかがっていました。

 

自分はどうしても注意するとき、声が大きくなるんです。だから、小学生のお子さんとか女の子はびっくりしちゃうんです…。しかも、注意をしたその後は、ずっと授業がしにくくなるし…。

 

「早く、自分たちで気づいて軌道修正してくれないだろうか…。」

 

しかし、こっちの願いとは全く逆方向。いっこうに改善される様子もなく、むしろ盛り上がりに拍車が掛かりそうになっているのを感じました。

 

「やっぱりダメだな、言わねぇと…。」

 

私は隣の教室に入って行き、ズバッとひと言。

 

「あのな、しゃべんってなら帰れ!!やかましい!!

 

 真面目に勉強した他の子の気持ちにはなれねぇのか?

 本当は『静かにして欲しい』って言いたくても、友達だから言うに言えないんだろうが!!

 

 前から言ってるだろ。無理に教室に来て勉強する必要はないって。

 

 しゃべるために来る奴らのために、わざわざ教室を空けてるわけじゃねぇんだよ。

 

 俺にいちいちこんなこと言われてんじゃねぇよ!!」

 

 

叱られた方は、すごい嫌な気分になったと思います…。

 

でも、叱る方って、それ以上にすごい嫌な気分になると思うんです…。すげぇパワー使いますし…。

 

きっと、お父さん・お母さんはこの感覚、お分かりいただけるんじゃないかと思うんです。

叱る方って、「使う言葉」や「言うべきタイミング」など、いろいろなことを考えますよね。

 

特に受験生の方をお持ちの親御さんはそうじゃないでしょうか?

 

 

だから、自分もできれば言いたくはないんですよ、本当に。

 

でも、相手に良くなって欲しいと思えばこそ、きちんと「叱る」こともしなきゃいけないんだと私は思います。

 

どうか、叱られた方は叱る方のその気持ちを少しでも察していただけるとありがたいです…。<m(__)m>

 

 

今日は叱ることがない1日でありますように…。それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!