いよいよ本番ですね…!!

【事前の準備をしっかり行って、面接に臨んでいただければと思っています。 】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

いよいよです…。

今日 の尚志高校さんを皮切りに、いよいよ「私立高校」の入試が始まります。

 

来週は帝京安積さん、郡山女子大附属さんの入試。

そして、その翌週に日大東北さんの入試と続きます。

 

教室に自習に来ている受験生からも「緊張感」が伝わってきます。

 

会場の雰囲気に飲み込まれないように、気持ちを落ち着かせて試験に臨んで欲しいと思います。

 

そのために必要なのはこれ!!

=====

事前にきちんと「準備」をすること。

=====

 

受験票や上履きなど、忘れ物をしないように準備することはもちろんですが、再度「面接」に向けて「心の準備」を整えて欲しいと思います。

 

教室にいるお子さんたちから、よくこんな声をお聞きします。

 

「緊張して、話せなくならないだろうか…。」

「噛んだり、どもったりしたらどうすっぺ…。」…などなど。

 

そんな声をお聞きした時、私はお子さんたちにこんなことをお伝えしています。

 

「緊張すんなっていっても緊張はする。だったら、はなから緊張はするもんだって受け入れた方が良い。

 その方が、気持ちがずっと楽になると思うよ。逃げるから追っかけてくるんだ。」

 

「面接官の先生も、みんなが緊張しているのは百も承知。

 だから、多少噛んだって、どもったって良いんだよ。だから、もし、そうなったときも慌てないこと!!」

 

 

そして、冗談交じりでこんな話も一緒にするときもあります。(特に男子陣に)

 

「例えば、大好きな子がいて、その子に告白するときみたいな感じじゃない?

 

 どうしても付き合いたい子がいたら、どうやったら付き合えるか、一生懸命考えるでしょ。

 

 自分の思いを、どんな風に伝えれば相手はグッと来てくれるだろうか…?

 

 他の誰でもなく、君のこんなところが素敵なんだ。君と一緒になれたら、僕はめちゃくちゃ幸せなんだ!!

 そして、僕だけじゃなく、君も絶対に幸せな気持ちになれる!! 君を大切にするよ!!

 もし、付き合えたのなら、一緒にこんなこと、あんなことをしたいんだ!!

 

 一生懸命考えて、告白するんじゃないかと思うんだよね。

 

 

 簡単に言えば、面接でもそこが大事なんだと思うんだ。

 

 この高校のどんなところが自分にとって魅力的だったのか?

 ほかの高校ではなく、どうしてこの高校じゃなきゃって思ったのか?

 もし、この高校に入学できたなら、どんなことをしてみたいのか?

 そして、卒業後、どんな風になりたいのか?

 

 この部分をしっかり伝えてくることができるかどうかがいちばんのポイントなんだと先生は思うよ。」

 

=====

「志願理由」と「将来への目標」

=====

 

まずは、この部分をきちんと伝えてこれるかがとても大事だと私はいつも生徒さんに話をします。

 

 

ネットなどで検索して「丸暗記」したような回答ではなく「自分の言葉」で伝えることです。

「言霊」とも言いますが、その人の発した言葉には思いが乗り移ると私は思うからです。

 

 

そして、その自分の思い・考えがきちんと高校さん側が掲げている「方針」に沿っているのかも見逃してはいけないポイントだと思っています。

 

極端な例えですが、「大学進学率を上げたい!!」と考えている学校さんの面接で、「高校卒業後は就職を考えています。」的な話をしたら、高校さん側も「う~ん」と唸ってしまいますよね。

 

「しっかりとした事前準備が、心に余裕をもたらし、その結果、良い結果を生む」

 

今一度、ゆっくり「心の準備」をしたうえで、試験に臨んでいただければと思います。それでは、また。

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!