「直近の内容」に「過去の内容」を加えてみよう!!

【過去の復習」をする絶好のチャンスを上手に活かして、実力アップ、してくださいね!!(*^_^*)】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日、中学1年生の数・英受講者は「個別演習」の日。

 

塾の「予習授業」の日は「作図問題」に入っていますが、「個別演習」の日はまったく別メニュー。

 

今は「1次方程式」と「比例・反比例」を中心に徹底的な「反復演習」を実施しています。

 

 

「図形分野」の学習に入ったとき、こちらから何も手を打たずそのまま放っておくと、いつの間にかお子さんたちは「あれ?この計算、どうやんだっけ?」と綺麗サッパリと解き方を忘れてしまうからです。

 

だから、週2回ある授業の片方は、完全に「過去の復習の時間」にして、直近の学習内容とはまったく別の学習をするようにうちの教室では努めています。

 

=====

 

私自身が小・中学生だったときと比較してみて、今のお子さんたちは決して「勉強」をしていないとは私は思はいないんですね。(きっと、塾生さんのお母さま方は「先生、甘いですって…。もっとガンガンやらせてくださいよ!!」っておっしゃるのではないかと思いますが…。)

 

ただ、その学習内容は「学校の宿題」や「自主学習」など、「基本、みんな同じようにやること」だけで終わってしまっているようには思います。

 

特に「自主学習」に関しては、「とにかく提出すれば良い」的に、その日なんとなく思いついた内容を無計画に進めている人も少なくないように感じます。

 

 

私個人の意見としては、この「自主学習」に「過去の学習内容の復習」を取り入れていただきたいと、お子さんたちには何度も話をしています。

 

※ ちなみに、うちの教室の小・中学生のお子さんに毎月配布している「月例課題」は、「過去の学習内容の復習」をスムーズに行っていただくためにお渡しさせている課題です。(*^_^*)

 

 

というのも、「学校の宿題」というのは、基本、直近の授業で学習した内容に関するものの場合がほとんど。

 

ですので、自分から積極的に「過去の復習」を取り入れていかないと、過去の学習内容は時間の経過とともにどんどん劣化していき、最終的には「すっからかん」になってしまいます。

 

お子さんたちが学期の節目に受ける「実力テスト」や「新教研テスト」は、「定期テスト」と違い、「過去から現在まで学習したすべての内容がテスト範囲のテスト」です。

 

「定期テスト」のように、範囲がごく限られたもので行われるテストではありませんの、「付け焼刃」的な学習では点数は取れません。

 

ですから、普段から「過去の復習」を積極的に取り入れて、常に「過去の内容の記憶をとどめておくこと」は将来受験する「高校入試」に向けた、大事な学習だと私は考えています。

 

 

「せっかくやるなら、自分の力をより高めることの学習をしよう!!」

 

塾生の皆さん。ぜひ、「個別演習」「月例課題」という、うちの教室で設けている「絶好の復習の機会」を上手に活用してくだいさいね!!(*^_^*)

 

さあ、今日も張り切っていきましょうね~!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)