「満点」を取ることの凄さについて

【「満点」を取る凄さというのは、単に「知識」「技術」だけが優れているわけではないと考えます。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

おとといの土曜日、自習に来ていた中3_Mちゃんが帰り際にこんな嬉しい報告をしてくれました。

 

Mちゃん:「先生。私、今回の数学のテスト、100点だったんです!!

    

      先生が教えてくれたところ、バッチリ出てましたよ。」

 

 

 

先日、中1のお子さんからも「100点だった!!」と報告をいただいたのに続いて2人目の報告。(*^_^*)

 

いや~、本当に嬉しいし、励みになります。特に自分の担当教科であれば、なおのことです。

 

※ これが逆で「数学、全然出来ませんでした~。」と言われたときは、マジで辛い…。

  みんな、こんな良い結果報告なら気持ちも楽なのになぁ~。(*´Д`)

 

 

私は「100点」を取ってきたお子さんに、必ずこのことをお話しています。

======

「知識」「技術」だけでは100点は取れない。

======

 

 

おとといも、私はMちゃんにこんなお話をしました。

 

私:「先生はね、100点を取るのの凄さっていうのは、『ミスをしなかった。』ってことにあると思う。

 

   『知識』『技術』は十分なのに、100点を取れない人っているんだよ。

   符号を書き間違えたとか、うっかり計算ミスをしてしまったとかね。

 

   先生も性格がそそっかしいから、よくそんなミスをしてしまうヒトの1人なのね。

 

   そういったミスをしないために、1つ1つきちんと解答を確認するって、

   口で言うのは簡単だけど、結構難しかったりするもんなんじゃないかな…。」

 

 

ミスを防ぐっていのうは、「知識」「技術」よりも「心構え」の部分がとても大きいように感じます。

 

自分の力に「過信」をしてはいけないけれと、「自信なさげ」にテストに臨んではいけない。

 

「心を落ち着かせ」て、出題者が何を問うているのかを「正しく読み取り」、解答を記入する。

 

そして、自分の出した解答に対し、「謙虚さ」・「慎重さ」を持って、丁寧に確認していく。

 

 

こういった一連の「心構え」と、持っている「知識」「技術」がしっかり組み合わさったときに、

「100点」という結果が得られるのではないかと私は思うんですね。

 

 

こんな話をしながら、彼女の普段からの頑張りを褒め讃えると、彼女はニッコリとしてこう答えてくれました。

 

Mちゃん:「また、気を緩めずに頑張ります!!ありがとうございます。」

 

 

素晴らしい…!! その心掛けが本当に大事だよね。大人の自分の方が見習分ければならないと感じます。

 

そして、塾の先生として、こういう心掛けで学習に向かうことのできるお子さんを1人でも多く育てていきたいと強く思います。

 

 

これからも、共に力を合わせて、入試本番まで頑張って行きましょうね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)