ぎっちり「フォーム固め」実施中!!

【新しく学んだことも「知っている」だけじゃダメ。「使いこなせる」ようにして行かないとね!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

毎週、週の最後を締めくくる授業は中学3年生との授業。

 

私はお子さんたちが教室に来る前に、ホワイトボードにでかでかと次のことを書き記しておきました。

=====

◎ 10月29日(土) 今日のメニュー

 

「相似な図形」「三平方の定理」

 

今日はこの2つの計算問題をた~っぷり解いてもらいます。

なぜなら、これらがきちんと使いこなせないと入試の「図形問題」は太刀打ちできないから!!

=====

 

うちのお子さんたちは、既に中3の学習内容は大部分の内容は学習が終わっています。

 

ただ、今の状態は「その知識を知っているだけ」に限りなく近く、「その知識を使いこなせる」という状態にはまだなっていないのが正直なところ。

 

例えるならば、「車の運転の知識はあるけれど、実際の運転経験は乏しいペーパードライバーに近い。」といったところでしょうかね。

 

冬休みの「冬期講習会」前までは「フォーム固め」の基礎問題を数多く徹底的に取り組ませ、冬休みからは各都道府県の「入試過去問」などを中心に、実戦的な問題を数多く解かせたいと考えています。

 

 

「三平方の定理」は基礎問題のうちは「公式に当てはめる」という「機械的」な作業なので、数学が苦手なお子さんたちもグングン問題を解いていくんですが、どうしても「相似な図形」は差が大きくなってしまいます。

 

H呂くん:「先生…。これ、どうやんでしたっけ…?」

 

私:「まずは面倒くさがらずに大・小2つの三角形にきちんと分けて描くことだよ。そして、それぞれの辺の長さを書き込むこと。そうすれば、どの辺とどの辺が対応するかきちんと見えてくるから。」

 

 

K汰くん:「先生…。これ、計算が合わないんですけど…。」

 

私:「先日の授業で話をした『比の対応』をチェックしてみて!!左辺が『大:小』なら、右辺も『大:小』の順番だったよね?どう、ちゃんと対応してる?図と合わせてチェックしてごらん。」

 

 

お子さんたちの間を歩き回り、声掛けをしながら、昨日は2.5時間、ぎっちり問題を解いていただきました。

 

「これ、分かんねぇ~。難しい~!!」って声が出つつも、お子さんたちの表情を見ていると「その難しさを

試行錯誤しながら解き進める楽しさ」をどこか感じながら取り組んでくれている様子がうかがえて、良い表情をしていたように思います。(*^_^*)

 

生徒のみんな、本当、お疲れ様でした。<m(__)m>

 

 

冒頭でも述べましたが、今日のような練習は冬休みまでしばらく続けていきますんで、覚悟しといてねぇ~。(*^_^*)

 

 

各中学校、文化祭も終わり、ここからはみんな本格的な『受験モード』に突入するはず…。

 

必要以上に焦る必要はないですが、しっかり気持ちを引き締めて取り組んで欲しいと思っています。

 

 

その「空気づくり」をするのも私たちの大切な仕事。

 

私自身も体調に気をつけながら、しっかり取り組んで行きたいと思っています。(*^_^*)

 

 

さあ、来週もパワフルに動けるように、頑張って行きます!!それでは、また!!<m(__)m>

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!