当たり前のことですが「早めの行動」が大事です!!

【「数学」「英語」はもちろんだけど、「理科」も難しくなっている時期。早めの対策が大事ですぞ!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日、行健中のお子さんたちは「健翔祭」と呼ばれる文化祭の日でした。

 

今年は中学校の体育館が使えないため、行健小の体育館をお借りしての文化祭だったそうな。

 

 

私:「椅子とかの準備って、いつやったの?」

 

A乃ちゃん:「昨日ですね。係の人とは父兄の人とかで準備して。」

 

私:「そっか…。それも結構大変だねぇ…。」

 

Y都くん:「みんなで歩いて小学校まで移動したんですよ。」

 

私:「いや~、それも大変だ。文化祭が終わったら、また中学校に戻ったの?」

 

Y柊くん:「いや、中学校側の人は戻りましたけど、そうじゃない人は真っすぐ帰宅でした。」

 

 

いや~、生徒の皆さんもそうだけど、父兄の皆さんも本当にお疲れ様でした。<m(__)m>

 

行健小の卒業生は「懐かしい~!!」だろうけど、行徳小の卒業生は若干「アウェイ」って感じだったんだろうな…。

 

「文化祭」も無事終わったし、ここからは11月の「定期テスト」に向けて、「勉強」をしっかり頑張ってもらわないとだ!!

 

 

昨日の夕方、中1のお子さんのお母さまと「二者面談」をさせていただいた際にもお話させていただいたのですが、この時期の中1は「数学」「英語」だけでなく、「理科」もなかなか大変なんです…。

 

なぜかというと、どうしても「計算」が絡む内容が多いんですよ…。

 

「質量パーセント濃度」をはじめ、「密度」「溶解度」など、小数の計算、四捨五入、グラフの読み取りなど、「数学的要素」が目白押しですからね。

 

ぶっちゃけ、小5のときの「割合」や「単位量あたりの計算」をきちんと理解している人は公式などなくても計算できるんですが、そんな人は極めて少ないんです。

 

毎年、女の子を中心に、多くのお子さんが「分かんな~い。」「難しい~。」「面倒くさ~い。」と叫びまくります。(*´Д`)

 

なので、できるだけ「早め、早め」にテスト勉強を始めて、今のうちに「苦手」を克服して欲しいと思っています。

 

まずは、「学校のワーク」を溜め込まずに、細目に進めておくこと。

 

そして、テスト範囲が確定した段階で、速やかにワークを完了させて、塾のワークや対策プリントをがっちり解きまくれるようにすること。

 

こんな感じで「テスト勉強」を進めてもらえると非常にありがたいです。

 

 

教室は、空き教室を「自習」に使っていただけるようにしていますから、お家で進まない方は、ぜひ、教室で学習してみてはいかがですか?

 

ちなみに教室は今日も開いてますんで、ぜひ、どうぞ!! 

 

さあ、今日も頑張って行きますよ~。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!