やるべきこと、ズレてませんか?

【筋トレも学習も、強くしたいところに負荷・時間を掛けないと鍛えられないですよ~!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今日は朝早くから塾長との打ち合わせがありまして、すっかりブログのアップが遅くなってしまいました…。

 

お母さまのお昼休み前にアップできず、すいませんでした。<m(__)m>

 

 

取りあえず昨日からの大雨も止み、ひと安心してます。

 

教室はいつも通り開いておりますので、いつも通りお越しくださいませ。<m(__)m>

 

=====

 

さて、今日はこんな話題から。

 

「胸板を厚くしたいと思ったら、どんなトレーニングをするか?」

 

「太ももを太くしたいと思ったら、どんなトレーニングをするか?」…などなど。

 

 

運動にまったく興味のないお子さんは別として、中学校で運動部に入っているお子さんならこんな解答をしてくれるのではないかと思うのです。

 

「胸板を厚くしたいなら、腕立て伏せをします。」

 

「太ももを太くしたいなら、スクワットをします。」

 

 

鍛えたい部分に負荷を掛けるトレーニングをしなければ、その部位の筋肉は鍛えられないわけです。

 

「胸板を厚くしたい!!」と考えている人がどんなに懸命に「スクワット」をし続けても、足は太くなったとしても、胸板はいっこうに厚くならなわけです…。

 

これは勉強でもまったく同じなんですが、勉強ではこのズレが結構出るもんなんです…。

 

 

先週末、うちの教室で新教研テストを受験された塾外生のお子さん・お母さまと面談をさせていただきました。

 

お話を聞いていく中で、実力テストや新教研テストの成績状態に不安が出てきているという内容があったので、私は次のような質問をさせていただきました。

=====

1) 「今、家ではどんな勉強をしているのか?」

 

2) 「今、家ではどのぐらいの時間、勉強しているのか?」

=====

 

すると、そのお子さんは次のように答えてくれました。

 

1) 「学校から渡っているワーク(当該学年のもの)を解いている。」

 

2) 「時間にして、2~2.5時間程度」

 

 

ふぅ~。やっぱりなぁ…。そんなことだろうと思った…。進学校を狙うお子さんですらこんなもんか…。

 

もし、これがうちの塾生だったら、私はキレ気味の強い口調で、ハッキリこう言ったと思います。

 

「はっ? お前、なめてんの?」

 

 

ただ、そのお子さんは塾外生さんですので、優しい口調でお答えさせていただきました。

 

私:「毎日、継続して学習をしていること自体は素晴らしいと思います。

 

   でも、私的には『やるべきこと』が少しずれているんと考えます。

 

 

   新教研テストや実力テストというのは、中3の学習内容より、中1・中2の内容の方が多い。

 

   だから、これらの点数を上げるためには、当該学年のワークの学習じゃダメなんです。

 

   せっかく毎日勉強をする習慣がおありなんですから、学習内容を見直していきましょう。

 

 

   そして、合わせてお伝えすると、この時期の受験生が2~2.5時間程度じゃ、全然足りないです。

 

   時間が長ければ良いというものではありませんが、

   この時期の受験生がやるべき学習内容を考えると、私はこの時間じゃ収まらないと思います。

 

   問題の難易度もあがり、1つ1つの問題を解き、理解するにはそれ相応の時間が必要だと思います。

 

   現在悩まれている成績の不調は、学習内容のズレと時間不足が原因かと私は思います。」

 

 

これ、決してこのお子さんだけに限らないと思いますよ…。毎年、結構な割合でいますんで。

 

私もミホヤも散々言って聞かせている塾生さんですら、「勉強は中3の学校ワーク以外やっていない」なんて場合、結構ありますからね…。

 

 

いろいろな考え方があるので、これが正解かどうかは分かりませんが、私は新教研テストや実力テストで点数を上げたいと思うのなら、それらの「過去問」を解いて、解いて、解きまくるのがいちばんだと思っています。

 

そして、1つ1つ丁寧に解答をし、できなかったものをきちんと理解し、できるようにすること。

 

合わせて自分の現在の知識では抜け落ちてしまっている内容を改めてインプットし直すことがいちばんだと思っています。

 

 

うちの教室できちんと新教研テストの結果を上げてきているお子さんは、教室ではもちろん、家に持ち帰ってたくさんの「過去問」を解いている方です。

 

 

「毎日勉強しているのに成績が上がらない…。」と嘆く前に、もう1度、ご自身の取り組んでいることを見直してみてください。

 

その学習内容は、新教研テストや実力テストの点数を上げるための直接的な内容ですか?

 

今、確保している学習時間、十分な問題演習を行うために十分な時間になっていますか?

 

 

「勉強はしているのに上がらない」っていうのは、「やらないから上がらない」よりも辛いじゃないですか…。

 

どうせ、やるなら「やった分、きちんと結果に反映されること」をやっていきませんか。

 

 

時には1度立ち止まって、自分の取り組んでいること、見直ししてみて下さいね!! それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!