心に余裕を持ちながらやってみよう!!

 

【100%やり切ることは大事だけど、できない日があっても仕方ないぐらいの余裕も必要だと思います。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」なお子さんが笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今日はズバリ、テーマからお話ししますね。

================================ 

「たとえ100%できなくとも、やること自体は継続することが大事」

================================

 

それそろ11月を迎えますので、各小・中学校では「教育相談(三者面談)」が実施される時期になります。

 

この時期になると、保護者さまもお子さんたちもいつも以上に「学習」についての敏感になられるかと思います。

 

生徒さんの中には、この面談で「お前、行く高校、ないぞ!!」と言われ、そこでやっと「現実」に気づき、エンジンがかかるお子さんも出てきます。

 

生徒さん:「先生、俺、今日から〇〇と△△を毎日やります!! あと、□□もやろうと思います!!」

 

 

この気持ちはとっても大事なんですが、3日経ち、1週間経ち、…と時間が経過するうちに、最初の勢いはどこへやらという場合も結構な割合で見られるパターンです。

 

私はそんなとき、お子さんには次のようなお話をさせていただきます。

======

・ 自分が「頑張ろう!!」と決意し、計画したことを100%やろうとするのはとても大切なこと。

・ でも、どうしてもそれが100%やり切れない日だってあっても良いとと先生は思ってる。

・ ただ、まったくの「0(ゼロ)」にだけはしないように心がけえて欲しいと思う。

・ たとえ短時間・少量のことしかできなくなってしまった日でも、続けることが大切なんだと思う。

======

 

本当の腹の中は「お前、もう崖っぷちなんだから、グタグタ言ってないでやれよ!! マジで!!」って怒鳴りつけたいときもあります。

 

でもね、みんながみんな、強い人ばかりじゃないわけですもんね…。

 

むしろ怒鳴りつけることが相手を委縮させたり、反発させてしまったりで「逆効果」になる場合もありますから。

 

100%を継続するのはとても大切なことなんですが、どうしてもできない日ってあると思うんです…。

忙しさや疲れ、その他いろいろな外的要因が原因になってしまって…。

 

だから、それをまずは認めてあげるこちらの「余裕」が必要だと私は思っています。

 

そのうえで、100%は無理でも1%、2%でもやれることってあるんじゃないかなって伝えてあげることが必要だと思うんですね。

 

それは本当に小さなことかもしれないですけど、「やり続ける」という気持ちを絶やさず、努力を続けることが大事なんじゃないかと思うからです。

 

 

世の中、何でもかんでも100%うまく行くことばかりではないですもんね…。

 

だから、ダメなときがあっても私は構わないぐらいの「心の余裕」ある程度必要なんじゃないかと思うんです。

 

いつもいつも「完璧」を求めすぎると、心も身体も疲れますから。(*^_^*)

 

 

 

これって、勉強だけでなく、部活や生活習慣でも同じだと思います。

 

お互い、多少の「心の余裕」を持ちながら、努力を続けて行きましょうね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> かと言って、自分を甘やかし過ぎるのはダメですぞ!! なんでも「○○し過ぎ」はいかんのです!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)