結果も大事だけど、それ以上に大事なことがあるぞ!!

【結果はとっても大事だけど、それ以上に「分析」と「解き直し」が大事ですぞ!!】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」な子が笑顔になる!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

私:「どれ、結果、返すぞ~い!! 」

 

金曜日の授業にて。前日夕方に「新教研テスト9月号」の結果が到着していたのでそちらの返却をしました。

 

お子さんたち:「うわ~、見たくねぇ~。」

 

口ではそう言っているけど、やっぱり自分の成績がどうだったのかとっても気になるところ。

 

 

授業の最初に返却してしまうと、ずっとその結果を見入ってしまい授業に集中できなくなるので返却は授業終了間近になってからすることにしています。

 

結果を戻しながら1人ひとりのお子さんに声掛け。

 

下がってしまった子が数名いましたが、全体的には7月、8月、今回と徐々に成績を上げている方の割合が高かったのが良かったかなと…。

 

ただ、全員を上昇に導けなかったのはやっぱり悔しい…。まだ、まだ、私も努力が必要ですね。

 

 

私は毎年、お子さんたちに必ずこんな話をさせてもらっています。

 

私:「いいかい。7月号と比較して8月号は基本的に成績は上がる。

 

   そりゃそうでしょ。講習会で先生たちが厳選した問題を毎日最低5時間授業してるんだから。

 

   上がるのが当然で、上がらない人がおかしいぐらいで考えて欲しいのね。

 

 

   で、問題は9月号のテストなんだ…。

 

   8月号と比較したときに9月号が下がってしまうっていうのは、新教研テストや実力テストに関する勉強が塾だけになっている証拠。

 

   2学期が始まり『学校の宿題』や『自主学習』にばかり気が言って、新教研テストや実力テストのための勉強時間が減っているってこと。

 

   いいかい? 9月号で爆発的に成績を上げてとは先生は言わない。

 

   でも、少なくとも8月号で上げた結果を下げないようにだけは踏ん張って欲しいのね。

 

 

   そこをしっかり意識して取り組んでいると、実は成績はちゃんと上がるもんなんだ。」

 

 

年度初めの7月号の結果っていうのは、基本的に散々な人が多い。

 

なぜなら、部活動も残っているので、しっかりとした対策をしていない人が多いからですね。

 

だから、夏期講習会で毎日ぎっちり学習をした後の8月号は基本的に上がるんです。これは不思議でも何でもありません。

 

だから、私は講習会の最初にも「8月号だけじゃ駄目。9月号でしっかり成績を上げろ!!」という話を何度もこっぴどくするようにしています。

 

 

結果を戻すと、お子さんどうしで成績を見ながらワイワイと話をしています。

 

Kとくん:「よし。何とか夏の挽回ができたな…。でも、国語がマズイなぁ…。」

 

Fくん:「(成績が)上がってはいるけど、まだまだだなぁ…。」 …などなど。

 

 

まあ、いつも言っていることですけど、もぎテストは部活動でいうなら「練習試合」みたいなもの。

 

結果を出すことは大事なんですが、その結果ばかり気にしてはいけないわけです。

 

それよりも「何ができて、何ができなかったのか?」をしっかり見て、「できなかったところはなぜ、できなかったのか?」とその原因を突き詰めることがより大事なわけです。

 

そして、それらを1つずつ「できるようにすること」が合わせて大事ですね。

 

 

行健中・三春中のお子さんたちは「定期テスト」も終わっていますから、日曜日を使ってゆっくりその点の確認作業を行って欲しいと思います。

 

今日は秋らしい天気になりそうですね。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)