問題の量や質も大事なんだけど…。

【いちばんは「自ら攻めの気持ち」で取り組んでくれることなんですけどねぇ…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」な子が笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日、中学3年生は高校の「体験入学」があり、朝の授業開始時の人数は本当に少なかった。

 

でも、今年の3年生の良いところは、こちらが声を掛ける前に自らこんな発言をしてきたことでした。

 

 

Kたくん:「先生。明日、体験(入学)なんで、遅れて教室に入ります。」

 

Kとくん:「先生。俺も遅れますけど、なるべく早く来ます。」

 

Fくん:「先生。遅れた分、残って勉強してって良いですか?」

 

 

ふむ、ふむ。なかなか良い心掛けですな!! 良いぜ、良いぜ、良い感じだぜ!!(*^_^*)

 

 

例年なら「体験入学=堂々と講習会を休める日」とするお子さんが多いもんなんです…。

 

例えば、体験は午前中だけで、午後からは来れるのに「先生、明日はお休みします。」的な感じです。

 

しかも、こういうタイプのお子さんは「えっ?そんなに体験、行くの?」っていうぐらい複数の学校に足を運びます。

 

すると、私は心の中で「体験に行ったら合格するってもんじゃねぇんだから、体験なんて本当に興味のあるところだけにしろよ…。」って思ってしまうんです。ぶっちゃけた話。

 

でも、さすがにこちらが「体験に行くな!!」と言うことはできないですからね。

 

だから、こちらはすかさず「じゃあ、午後から来なさい。」「明日無理なら、休みの日に来てやりなさい。」などの声を掛けて、「簡単には休ませねぇよ!!」と釘を刺してきたわけです。

 

するとお子さんは、「えっ?マジか!!」と観念して、「いや、それなら遅れて来ます。」といった感じになるわけです。

 

 

でも、こういうやり取り、私は本当はしたくありません。

 

 

だって、お子さんがすでに「受け身」ですもん。「無理矢理やらされている」って感じですよね。

 

「無理矢理」って段階で、もう、お子さんの心の中っていうのはこんな感じでしょうね。

 

 

お子さん:「あぁ~、面倒くせ~。やっちくねぇなぁ~。」

 

こうなってしまうと、本来スッと入ってくべき内容も入っていかなくなってしまいます。

 

だから、できることならば「無理矢理」ではなく、「自ら」となっていただけるのがイチバンです。

 

 

講習会のガイダンスの際、私はお子さんたちにこんな数式を見せながら、お話をさせていただきました。

 

=====

学習の成果=本人のやる気 × 問題の量 × 問題の質

=====

 

いくら問題の量や質の部分を増やしても、本人のやる気が「0(ゼロ)」や「マイナス」だったら成果はあがらない。

 

この夏、自ら攻めていく気持ちで、ぜひ、取り組んで欲しいんだよね。

 

 

お子さんたちも本当は分かってはいるんですよね…。「やんなきゃいけない」ってことは。

 

でも、なかなか「気持ち」と「行動」が一致しないもんなんですよ。

 

だから、たとえ「無理矢理」来させたお子さんでも、いろいろとこちらから仕掛けていって、最後には「やっぱり、今日来て良かったなぁ!!」とお子さんを笑顔で帰させるようには努めさせていただいています。

 

まぁ、そこが「プロの腕の見せ所」でもあるわけですけどね。(*^_^*)

 

 

昨日のまでの雨もやみ、今日は幾分かすごしやすい朝ですね。

 

さあ、今日も張り切って行きましょうね!!それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 

 Dくんのお父さん、Tくんのお母さん、Mちゃんのお母さん。

 

 たくさんの差し入れ、本当、ありがとうございました。美味しくいただきます。感謝!!<m(__)m>

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)