まずはとにかく「手」を動かすべし!!

【ごちゃごちゃ言っている暇があったら、まずは手を動かしてくださいませ。<m(__)m>】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」な子が笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今日、中学3年生は今年度最初の「新教研テスト」

 

いよいよ「受験が始まる」って感じですねぇ~。(*^_^*)

 

 

あと2週間ほどで「夏休み」になります。

 

「夏休み」と言って、私たちが真っ先に頭に思い浮かべるのは…。

 

 

「夏期講習会」

 

 

この夏はとにかくガンガン、問題を解いて、解いて、解きまくっていただかないとね!!

 

 

「先生、『量』よりも『質』の方が大事なんじゃないですかぁ~?」

 

毎年受験生を中心に、数名のお子さんから聞くこのセリフ。

 

私の答えはズバリ…!!

 

=====

 

初期段階ではゼ~ッタイに「質」よりも「量」

 

「量」をこなすうちに「質」が向上する。

 

=====

 

 

学習の成果とは、次の式で表されます。

 

学習の成果=本人のやる気 × 学習の量 × 学習の質

 

 

この3つの要素がすべて掛け合わさってはじめて「成果」として表れると思います。

 

だから、本来は「量」も「質」もどちらも大事。

 

でも、受験勉強に取り組みはじめたばかりの初期段階においては、間違いなく「質」よりも「量」を優先すべきだと私は思います。

 

とことんいろんな問題を解く。何度も何度も同じ問題を反復する。…などなど。

 

 

そうやってたくさんの問題を解いていくうちに、「自分には何が必要なのか?」と考えるようなります。

 

すると、「自分のすべきこと」=「問題の質」を考えるようになるというわけですね。

 

 

少しでも早く成績を良くしたいと本気で思うのなら「あぁ、どうしよう…。」と悩む前に、とにかく「たくさんの問題」を解くべきだと私は思います。

 

特に平均点を下回るようなお子さんの場合、「質がどうこう」「勉強方法がどうこう」の前に「ごちゃごちゃ言っている暇があるなら、まずは手を動かしなさい!!」と私は声を大にして言いたい!!

 

私の今までの経験上、この2つを理由にしている人は、基本的に「やらない言い訳」を考える場合が非常に多いんです…。

 

とにかく「量」をこなすこと。たくさんのことを「試すこと」です。

 

 

うちの講習会は今年も、とにかく「量」を徹底的にこなしてもらいます。

 

た~っぷり問題、用意していますからねぇ~。「笑顔」でビシビシしごきますよ~!!(*^_^*)

 

 

さあ、お互い「大量行動」を心がけて、がんばりましょうね!! それでは、また。

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)