「気づき」を得たようですね…。

【返された「結果」を見て、お子さんたち自身が気づいてくれたようです…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」な子が笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

「ねぇ?順位、どうだった?」

 

「数学と英語は良かったけど、理科と社会がなぁ…。」

 

「私、もうちょっと頑張らないと…。」 …などなど。

 

 

先週末の中学1年生の授業。

 

はじめての「定期テスト」が終わり、遂に「成績表」が返されました。

 

授業の開始前。教室に来たお子さんどうしで、点数や順位を聞きっこしていました。

 

 

私:「成績表、持って来てくれた人、こっちで記録するから貸してねぇ~。」

 

生徒さん:「え~、やだ~。見せたくな~い。」

 

私:「いいよ。そしたら、学校に問い合わせてして聞くから。(本当はそんなことできないけど)」

 

そんなやり取りをしながら、忘れずに持って来てくれたお子さんの成績表に目を通し、そして、私は心の中でこんなボヤキをしてしまいました…。

 

私:「ふぅ…。平均点を見ると、学校全体がぬるいのかなぁ…。」

 

 

例えば、この時期の英語のテスト。

 

私は英語は専門ではありませんが、そんな私でもこの時期は「満点狙い」が普通だと思っています。

 

今回のテストも難しいとは言い難い…。むしろ、先生はかなり易しい問題にしてくださったんじゃないですかね。

 

でも、最高点を見る限り、学年で1人も「満点」がいなかったなんて…。

 

しかし、生徒さんを責めるだけじゃなく、その問題で「満点」を取らせられなかった自分たちのことも反省しました…。

 

 

私:「もっとガンガン「スパルタ」で指導しなきゃいけないのか…?それとも、もっと褒めて、褒めて、褒めまくるべきなのか…?」

 

いろんな思いが交錯したまま、「今日はどんな話をしてから授業を始めようか…?」そんなことを思っていたんですが…。

 

 

時間になるとお子さんたちが自ら「さぁ、先生、授業始めましょ。」といった感じで、授業がスタートしたんですね。

 

その後、いつものように黙々と学習に取り組みはじめたけれど、おとといまでと雰囲気が明らかに違う…。

 

 

今回の成績を見て、お子さんたち自身が気づいてくれたようです…。

 

「もっと、真剣に取り組まなきゃ駄目だ…。」

 

お子さんたちの表情や取り組んでいる様子から、このことがヒシヒシと伝わってきました…。

 

 

もともと「体育会系気質」で、活気ある中学1年生クラス。

 

良かった人は良かったその結果を、納得のいかなかった人は次こそ納得のいく結果になるよう、ぜひ、ここからまた頑張って欲しいと思います。

 

7月・8月の取り組み方次第で、2学期以降の成績はまったく変わりますからね。

 

自分もみんなと一緒に頑張るよ!! お互い、力を合わせてがんばるべね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)