テストと上手に付き合っていく

【「テスト」を上手に使って、「学力」だけじゃなく、「心」も育てていきたいんですよね。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

勉強が「苦手」「嫌い」な子が笑顔になる!!

郡山市富久山町の「心楽塾」、アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

今日、行健小の6年生のみんなは「修学旅行」に出掛けています。

 

行先は「キッザニア東京」 

 

今朝の集合は午前5時40分だそうで…。保護者の皆さまも本当、お疲れ様でございます。<m(__)m>

 

もう東京に着いた頃でしょうかねぇ~。きっと、お子さんたちもバスの中で「早く~!!」と落ち着かない感じかもしれませんねぇ~。

 

時間が短いから、そんなに多くの活動はできないかも知れませんが、思う存分楽しんで来てくださいね。(*^_^*)

 

=====

 

昨日、小学生のお子さんの多くは5月末に行った「学力テスト」のリテストを実施。

 

※ 「解説・解き直し」が遅れているお子さんは来週実施しますよ~。

 

 

「リテスト」というのは、簡単に言うと「テストの再受験」のことです。

 

うちの教室では、初回受験から3週間後に「同じテスト問題」を使って、もう1度テストを実施するようにしています。

 

この再テストまでの期間、通常授業やお家で「テストの解き直し」をしてもらって、

「できなかったところがきちんとできるようになっているか?」

「忘れていたところがきちんと思い出せているか?」…などを確認するために実施しています。

 

これを毎月1回「学力テスト」の受験と合わせて実施することで、お子さんたちに「知識の完全定着」していただければと思っています。

 

「学習したこと」が1回で覚えることができればいいんですが、なかなかそうはいかないものです…。

 

今、一生懸命学習したことも、時間が経つと徐々に忘れてしまうんですよね。

 

 

このテスト。うちの教室では、このことだけは何度も何度も言い続けていることがあります。

 

「何ができて、何ができてないのかをきちんと把握すること。

 

 そして、できていないところが見つかったら、それをできるようにするのがこのテストの目的。

 

 だから、別に初回の点数は悪くても構わない。

 

 その代わり、2回目に受験するときには、前回できなかったところはできるようにしようね!!」

 

 

導入当初は「テスト」って聞いただけでお子さんたちは「拒否反応」を示したものですが、今ではうちの小学生の指導の「柱」になっている重要なカリキュラムです。

 

「テスト」と「リテスト」を定期的・継続的に実施して中学生になったお子さんはいろんな面で「違い」が生まれてくるんですよね~。

 

それは、単に「知識」ということだけじゃなく、「根気」「集中力」「競争心」…など、メンタル面でも言えることです。

 

これについては、また別の機会にゆっくり書かせていただければと思っております。

 

7

「小学生のうちにテストとの上手な付き合い方を理解し、

 

 中学校以降に繋がる『本物の学力』『学ぶ姿勢』を育ててあげたい。」

 

 

そんな思いを持ってこれからもお子さんとともに取り組んでいきたいと思っています。

 

 

さあ、今日も張り切って行きましょうね!! それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)