素早く・正しく計算できるように!!

【たかが計算問題と侮ることなかれ。この出来が、中学校での出来を左右すると言っても過言ではない。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

「小学5年生の算数の内容は、小学校6年間の中でいちばん重要!!」

 

これ、私が20年以上現場で指導してきて、個人的に思うことの1つです。

 

 

何と言っても5年生の内容は「中学校の学習内容に直結する内容が非常に多い!!」ということ。

 

「異分母の分数のたし算・ひき算」をはじめ、「平均」や「単位量」、「百分率」などは

中学校で学習する「数学」だけでなく、「理科」にも間違いなく影響します。

 

ぶっちゃけ、「理科」で出てくる「濃度」や「湿度」、「圧力」などは

これらの単元がきちんと理解できていれば、別に公式など覚えなくても問題、解けます!!

 

だから、私は塾生さんにも保護者さまにも、そして、うちの息子にも

何度も何度もしつこいぐらいこの話をさせていただきます。

 

「5年生の算数の内容は、しっかりできるようにしよう!」

 

 

本当に重要な単元が目白押しの5年生の内容。

それらの中でも、私が特に「苦手にさせたくない単元」があります。

 

それは…。

=====

「小数どうしのかけ算」「小数どうしのわり算」

=====

 

ただの計算問題なので、結構甘くみているお子さんも多いんですが、

実はこれらの計算、舐めちゃいけないんです…。

 

私の指導経験上、これが「素早く」「正確」に計算「できないお子さんは、

間違いなく中学校に入ったときに「理科の計算問題」で必ず苦戦します。

 

 

「濃度が苦手」「湿度が苦手」…など、「理科の計算問題」ができない人をよ~く見てみると、

「公式」を含め、「計算の仕方」自体はきちんと分かっている人は結構多いんです。

 

ただ、小数の計算が苦手なために、正しい答えが出せてない場合は非常に多いんですね。

 

「答えの小数点の位置がずれる」

「四捨五入して小数第1位まで答えを求められない」などは、代表的な間違いの例です。

 

 

だからこそ、うちの教室のお子さんたちには小数の計算はとにかく

「方眼紙」をきちんと使い、「小数点の位置」や「位取り」を強く意識していただいております。

 

ぜひ、お家で計算をさせる際にも、ただの白紙ではなく、方眼紙を使っていただくことをお勧めします。

特に算数が苦手なお子さんほど、意識して取り組ませてみてください。

 

それだけでも、だいぶ計算の上達度合が変わると思いますよ。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)