我が子だからこそ、難しい…。

【子どもさんと同じように、親もいろいろと勉強ですよね。共に頑張って行きましょうね。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、お子さんの「学ぶ心」を育てる、

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_担当の小菅です。

 

 

昨日は生憎の雨…。

郡山市内の多くの小学校では「運動会」が予定されていたところも多かったはず。

 

心身ともにモチベーションを持続させなければならないお子さんも大変ですが、

お仕事のスケジュール調整やお弁当の準備なども考えなければならないお母さんたちも本当大変ですよね。

 

本当にお疲れ様です。<m(__)m>

 

=====

 

昨日、塾生さんのお母さまから1通のメールが届きました。

 

そこにはこんな内容のことが書かれていました。

 

「学年が上がり、子どもの取り組み方が随分と変わってきた。本当に頑張っていると思う。」

「本人を励まそうと思っていたのに、気づけば本人を泣かせてしまった。」

「本人の考えを尊重し、口を出すまいと思っていたけど、ついつい口を出してしまう。」…などなど。

 

そして、メールの最後にこのひと言が…。

 

「自己嫌悪」

 

 

まずは、お母さま。そんなにご自身を責めないでください。

 

お子さんに対してお母さまが一生懸命だから、

少しでも良くなって欲しいという思いがあったからこそのことだったと私は思います。

 

 

実は私も昨日こんなことがありました。

 

小学6年生になった息子が宿題をしていました。内容は「円の面積」の問題。

 

 

完全な「職業病」ですよね…。

 

1つ1つ丁寧に計算をしている息子の姿を見て、

「もっと楽な方法があるのに…。」とつい口を出してしまったのが良くなかったんです…。

 

いつもは温和で大きな声を出すようなことにない息子がプッツンしました…。

「うるさい!! 黙っててよ。」

 

そこから彼は完全にやる気をなくし、ふて寝してしまいました…。

 

「やっちまったなぁ~。」と自分も自己嫌悪。

 

我が子との接し方の難しさを痛感…。

ただ、その一方で言い返してきた息子の姿を見て「もきちんと成長しているんだな」という思いもありました…。

 

=====

 

よく、こんな言葉を耳にします。

 

「我が子はいくつになっても我が子」

 

親からすれば、どんなに年をとっても子どもは子ども。

だから、いろいろと心配したり、口出ししたりするんでしょうね…。

 

うちの両親もそうです…。

 

たまに実家に顔を出そうものなら、

「仕事はうまくいってんのか?」「身体は大丈夫か?」…などなど。

 

「俺のことより、そっちこそ大丈夫なのか?」と突っ込みたくなります。

 

=====

 

そんな自分の親のことも含め、親が我が子を心配し、口を出すという行動は

きっと治ることはないんじゃないかなと私は思うんですね。

 

ただ、親もいろいろと勉強・経験をして、その「加減」を知るようになるんじゃないかと…。

 

そう、それはまるで楽器のチューニングでもするような感じで。

 

 

何でもそうでしょうけど、最初っから上手くいくようなことって、なかなかないですもんね。

 

やってみて、1つの結果が出たらまた修正してやってみる。

これを繰り返しながら、徐々に「こんな感じかな」とコツをつかんでいく。

 

そんな感じじゃないでしょうか。

 

 

私も「子育て」について勉強中。お母さま、共に頑張って行きましょうね。

 

今後とも引き続き、どうぞ、よろしくお願いいたします。それでは、また!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)