命取り

【たった1つのミスで合格できないかもしれないんですよ…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんに「学ぶ楽しさ」を伝え、

お子さんの「学ぶ心」を育てる郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

いよいよ「Ⅱ期選抜」まで2週間程度になった昨日。

 

中学3年生のお子さんたちの「緊張感」が日に日に高まっているのがこちらにも伝わってきます。

 

この時期まで来ると、基本的にはむやみたやたらに「新しい問題」を取り組むことは禁物。

むしろ、「今まで学習してきた内容をきちんと点検し、抜けをリペアしていくこと」の方が大事です。

 

そして、「自分が確実にできるところをミスをしないようにすること」がより大事になってきます。

 

そんなわけで、昨日の授業の冒頭、私はこんなひと言を掛けてから授業を開始しました。

 

私:「今日、これから演習する問題はいつもと同じ『総合問題』なんだけどださ、

   実はレベル的には優しめないわゆる『標準的』な問題。

   きっと、みんなの力な普通に解ける問題じゃないかなと思う。

   

   だから、今日の目標はとにかく『ミスをしないこと』を心掛けて。

 

   『符号ミス』『計算ミス』など、きちんと見直しをして、ノーミスを目指してね。」

 

 

そして、いつものように時間を計って、演習スタート。

 

みんな黙々と問題を解き始めました。

 

計測して20分を過ぎたあたりから、全問解き終わったお子さんもチラホラと…。

でも、いつものようにすぐに「終わりました。」と挙手はしない…。

 

入念に解答を確認。1つ1つミスがないかしっかり見直しをしています。いいね。(*^_^*)

 

私:「解答を見直して、絶対にミスがないっていう人は解答渡すよ。」

 

その掛け声があってしばらくすると、「終わりました。」という声がでてきました。

 

 

解答していくと。シュッ、シュッ、と丸を付ける心地よい音が鳴り響きます。

多くのお子さんがしっかり「ノーミス」で解き終わっている。良い感じ。

 

 

そんな中、私が見て回っているときに1人の生徒さんが、簡単な計算ミスで1問不正解。

 

ある生徒:「計算ミスしちゃいましたぁ~。」

 

照れ隠しなのか笑っていたので、厳しく一喝。

 

私:「そのミスが命取りになるよ。もっと慎重にならないと駄目だ!!」

 

しかもこのお子さんは「地域トップ校」を狙おうとしているお子さん。

こんなのをミスしている自分をもっと恥ずかしいと思ってもらわないと。もっとプライドを持って!!

 

今回、うちの教室では「市内進学校」を狙うお子さんがほとんど。

今年はどの学校さんも高倍率で多くの方が「不合格」になる可能性も十分ある状況。

 

冗談ではなく、ほんの小さなミスで合格できない可能性が十分あるわけで…。

 

心身ともにキツイときかもしれないけれど、ここが踏ん張り時。気持ちで負けるな!!それでは、また!!

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)