「インプット」と「アウトプット」のバランス

【たくさん動いている車ほど、動くための燃料は必要になるわけで…。】

 

おはようございます。(*^_^*)

 

お子さんの心を育て、学ぶ楽しさを伝える郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

=====

「インプット」と「アウトプット」

=====

「学習」にはこの2つの要素があります。

 

「インプット」は学校の授業や私たちとの授業などを通して、

いろいろな知識・技術を得る作業。自分でいろいろと調べたり、まとめたりするのもこちらに入りますね。

 

それに対し、「アウトプット」はインプットで得た情報を使い、実際に自分の力で問題を解く作業。

 

私はこの話をお伝えするときに、こんな例え話をします。

「スポーツでも音楽でも、どんなに素晴らしい指導を受けても、それだけじゃ上手くならないよね。

上手くなるためには、何度も何度も繰り返したり、大量に練習することが必要不可欠でしょ。」

 

 

お子さんや保護者さまと面談(特に新規ご入会の場合)すると、こんなお話をいただくことがあります。

「家では勉強はしてはいるんです…。でも、結果はいまひとつって感じなんです…。」

 

この原因の1つが、この「インプット」と「アウトプット」のバランスにあると私は考えています。

 

いろいろ学習の内容を聞いていくと、ノートの整理や自主学習などはまじめに行っているものの、

明らかに「問題演習の時間」が不足している場合がとても多いのです。

 

自分はこの「インプット」と「アウトプット」について、次のように考えています。

=====

「大量にアウトプットするからこそ、

  大量なインプットをするようになる」

=====

 

止まっている車はガソリンを必要としない。

止まっている人はインプットを必要としない。

 

自分が既に分かっていることや同じことを繰り返している時はインプットを必要としない。

 

でも、どんどん新しい問題にチャレンジすると、新しい疑問が生まれる。

だから新たな大量のインプットが欲しくなる。

 

動いている車にはガソリンが必要。

動いている人はインプットを必要とする。

 

そんな風に自分は考えています。

 

「これ、何でこうなるんだろう…?」「この問題、この解き方じゃダメなのかな…?」

あなたは今、こんなことを思っていますか?それとも…。

 

お互い、ガンガン動いて行きましょうね。それではまた!!(*^_^*)

 

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

 

<追伸> 自分も明日は「インプット」をするために、ちょっとセミナーに行ってきます。(*^_^*)

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)