実戦に対応できる力も育てていかないとだね…。

【実戦に対応する力は地道な努力のもと育つもんだと思うんですよね。】

 

おはようございます。

 

お子さんの心を育て、お子さんに学ぶ楽しさを伝える

郡山市富久山町の「心楽塾」 アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

「久し振りに思いっきりバット振りてぇなぁ~。」

そう思って先日、バッティングセンターに行ってきました。

 

学生の時は毎日「もう、バット握るのも嫌だ!!」ってくらい練習していたとはいえ、

社会人になってすっかり野球から遠のいていましたので、果たして打てるのかどうか…。

 

いや~、でも身体はちゃんと覚えているものですね…。

ちゃ~んと打てました。腕と背中はパンパンになってしまいましたが…。

 

でもね…。これ、バッティングセンターだからまだ対応できるんですよね…。

来るボールのスピードもコースも、そして球種も基本は「一定」ですので…。

 

これがね、「本当の試合」でストレートも緩急をつけられたり、

他の球種・コースも混ぜられたりしたら一気に対応が難しくなってしまうわけです…。

 

そして、これはお子さんの学習でも一緒…。

普段から「実戦を想定した練習」をしていないと対応できなくなってしまうんですよね…。

 

=====

 

昨日の中学1年生の授業。数学は「比例・反比例」の問題演習。

 

私:「これ、反比例じゃなくて比例ですけど…。」

 

Mちゃん:「あぁ、反比例の問題ばかりやってたからつい癖で…。」

 

Kくん:「あれ、比例の式ってどんな形でしたっけ…。」 … などなど。

 

そうなんですよ…。「比例」だけ、「反比例」だけで学習しているときはスラスラできるんだけど、

2ついっぺんに演習を始めると、途端に答えられなくなっちゃうんだよなぁ…。

 

しかも、「比例」「反比例」のたった2つの内容でこの調子なんだから、

今回の「定期テスト」のように、1学期に学習した内容も織り交ぜて問題を作られたりなんかしたら…。(*_*)

 

こういう力は「一過性」でつくものではなく、「継続的な努力」がない身につかないわけです。

 

今、中1・中2のお子さんに取り組んでいただいている「月例課題」の狙いもそこにあるわけです。

 

まずは12月の残りの期間、そして冬休みとしっかり力をつけていただけるよう、

「実戦を想定した問題演習」をみっちり行ってもらえるようにしたいと思います。

 

さあ、気を引き締めて取り組んで行きましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)