自分たちこそ、もっと柔らか頭にならないとね・・・。

【小学生のお子さんからの出題に撃沈…。(*_*)】

 

おはようございます。

 

お子さんの心を育て、お子さんに学ぶ楽しさを伝える郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

おとといの授業にて。

 

Yくん:「先生。この問題、解いてみてください。」

 

そう言って、小6_Yくんが私に出した問題は次の2問。

何でも学校でやった問題らしく、同じクラスの別の子たちもニコニコして様子を見ている。

 

もし、答えを知らない方はぜひ、考えてみてください。

=====

1) 青春-ひなまつり=?

 

2) 次の文の□には数字、○には漢字を当てはめてください。

   

   「ここ□つはさむく○る」

=====

 

ちなみにYくんは私に出題する前にミホヤ先生にも出題していたらしく、

ミホヤ先生は「私は全然分かりませんでした…。頭、固いですね…。」と言っていた。

 

私:「よし、授業の合間にちょっと考えてみるから、待ってて。」

 

そう言って、いろいろと頭の中で連想しては、キーワードを紙に書き出してみる。

 

ひなまつりと言えば…? 女の子、雛人形、白酒、……。

う~ん、何だろう…。ひなまつりは3月3日。三月三日。

 

はっ!! 1問目は答えが分かったぞ…。多分これでOKなはず…。

 

 

さあ、2問目だなぁ…。□に数字、○に漢字かぁ…。

 

□つは「一つ」「二つ」「三つ」…「九つ」などかなぁ…。

でも、こういうのはきっと「トンチ」が効いた問題だから、何か仕掛けがあるよなぁ…。

 

しばらく考えていたんですが、全然思いつかない…。

 

これじゃ、お子さんの指導にも支障が出ちゃう…。

 

私:「Yくん、降参。1問目は分かったけど、2問目は分からない…。教えてください。<m(__)m>」

 

Yくん:「じゃあ、ホワイトボードに書きますね。」

 

そう言って、Yくんは問題を書いて説明を始めてくれました。

 

Yくん:「じゃあ、書きますよ。ここ「数字」つはさむく「漢字」るでしょう。→ ここ数日は寒くなるでしょう。どうですか。」

 

私:「そっかぁ…。なるほどねぇ~。いや~、まいりました。」

 

昨日、「思考力」の話題に触れましたが、私たちもっと柔軟に物事を見れるようにならないといけないなぁ…。

 

それでは、また!!(*^_^*)

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> ちなみに1問目の答えは「1人」だそうです。

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)