正しい漢字で書くこと!!

【練習の段階では面倒くさがらずに「正しい漢字」で書く練習を!!

「ひらがな」で書くのはテストでどうしても忘れて書けないときだけ。】

 

おはようございます。

 

「勉強は苦手。だけど、できるようになりたい!!」というお子さんを応援する。

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

昨日の中学1年生の授業にて。

 

今、中学1年生は「方程式の学習」の真っただ中。

計算は随分スラスラと解けるようになってきた。文章題もまずまず。

 

だ・け・ど…!!

 

「語句の穴埋め問題」になると、途端にできなくなるなぁ…。

 

「学校の先生は必ずこういう問題出すんだ!!」って話はするんだけど、

テスト直前にならないとなかなか覚えようとしてくれない…。特に男子!!

 

昨日の演習問題から1問。

※個人の名誉にかけてイニシャルは控えるけど、昨日の予告通り、ブログにアップしたからな!!(笑)

=====

【問】一般に、等式の一方にある項は、その項の( ア )を変えて他方の辺に移すことができます。このことを( イ )といいいます。

=====

 

私:「ヘイ!! 当てはまる言葉は?」

 

ある男子:「あれ、これ何だっけ…?」

 

私:「おいっ!! 基本中の基本だべって!! 『ふごう』を変えるでしょ。計算で普通にやってんじゃんよぉ~。」

 

ある男子:「あぁ~、そうだ、そうだ。(答えを書き込む)」

 

私:「おいっ!! それじゃ『とうごう』だ。確かに部首は同じだけど『等合』って…。しかも『ごう」の字、違うぞ!!」

 

ある男子:「あぁ~、やっちった。こうですよね。(改めて答えを書き込む)」

 

私:「確かに『ふごう』って読むけど、『不号』って…。『符号』だよ。

  『不』の字を使うなら『不等号』でしょ…。しかも、さっき部首は同じだけどって言ったじゃん…。」

 

せっかく計算・文章問題がスラスラになってきたんだから、

こういうところがしっかり取れたら、今回はかなりの高得点を狙えるのに…。もったいない!!(*´Д`)

 

語句を覚えるときもただ覚えるんじゃなくて、

練習の段階では面倒くさがらずにしっかり「漢字で書くこと」も意識していかないとね!!

 

先生はあなたを「激変」させてあげたいのよ…。

「俺もやれるんだ…。」って「自信」をつけさせてあげたいのよ…。

 

テストまでまだ約1か月ある。

昨日の繰り返しになるけど、「今回はどんなに少なくても80点以上を狙うからな!!」 

 

それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)