受験生の方の「三者面談」が始まりました。

【具体的な進路・学習方法のアドバイスも大切ですが、いちばんは「心」の部分だと思っています。】

 

おはようございます。

 

「勉強は苦手。だけど、できるようになりたい!!」というお子さんを徹底的に応援する。

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

 

10月末を迎え、そろそろ各中学校で「教育相談(三者面談)」が行われる時期。

中学3年生はこの面談でおおよその「進路」の決定が行われます。

 

うちの教室でも昨日から学校の面談に先駆け、

希望者の方を対象に「三者面談」を始めさせていただいています。

 

 

「先生…。私ばっかり焦ってしまって…。本人は意識が足りないように思うんです…。」

 

この時期のお母さんからよくお聞きするお話しです。

 

そうですよね…。仕事でクタクタになって帰ったときに、

我が子がのんびりテレビを見ていたり、ぐっすり昼寝をしている姿を見たら、

「うちの子は大丈夫なのかしら…」って不安な気持ちにもなりますよね…。

 

そんな我が子の様子を見て、本当なら

「そんなにのんびりしてて大丈夫なの!?」「自分のためにもっと頑張らないと駄目なんじゃないの!?」…など、

声を大にして言いたいことがあっても、

「あんまり言うと、もっとやる気をなくさせてしまうかな…。」

「もうちょっと様子を見て、黙っていた方がいいのかな…。」…などと考え、

ついつい言うことを遠慮してしまっているお母さんもた~くさんいると思うんです。

 

逆にお子さんも、本当の気持ちがお母さんに伝えられず、

不安な悩みを抱えたまま、学習が手つかずになっているなんて場合もあります。

 

だから、私が塾で三者面談をするときに大切にしているのは次のことなんです。

=====

「面談を通じて、お子さんとお母さんがお互いの気持ちの知る機会になってほしい。」

「面談を通じて、受験までの残りの期間、またみんなで頑張ろうという士気が上がってほしい。」

=====

 

もちろん進路や学習に対して具体的なアドバイスをするという目的もあります。

 

でも、いくら技術的なアドバイスをしても

「心」が安定していないと思うように成果が表れてこないんですよね。

 

特にお子さんにとって受験というのは何もかもが初めてで、

いろいろ不安や悩みを持っているので、お母さんをはじめ、ご家族さまの支えが「必要不可欠」なんです。

 

だから、私たちとの面談を通して、お子さんやお母さんの不安が少しでも和らぎ、

また一緒に頑張って行きましょうねという気持ちになっていただくことがいちばん大事だと私は思っています。

 

合格発表の日、みんなで一緒に笑えるように頑張って行きましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)