「予」

【事前に考え、計画し、準備をすることが、良い結果を生むと考えます。】

 

おはようございます。

 

「勉強は苦手。だけど、できるようになりたい!!」というお子さんを徹底的に応援する。

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の小学生の授業にて。

小学4年生のお子さんと一緒に国語の「文章読解」をしていたときのこと。

 

その題材では次の字について書かれていました。

===

「予」

===

 

「あらかじめ」という字ですね。

 

「予想」「予告」「予備」「予測」「予定」…などなど、

題材の中ではこの字がつくことばがいくつか列挙されていて、

これらをしておくことで「心の余裕」が生まれること、

そして、「心のレベル」が上がるということが書かれていました。

 

お子さんと題材を読みながら、

「ほんと、そう…。これ、大事なんだよ…。」と共感しながら読んでいました。

 

もう20年以上前になりますが、

部活の練習試合でチームメイトがサインミスをしたとき、

顧問の先生からこんな激を飛ばされたことを今でもはっきりと記憶しています。

=====

「このカウントで考えられるプレーを自分で考えていないからそんなミスすんだ!!」

=====

 

自分が直接叱られたわけではなかったんですが、

その言葉が自分にもグサッと刺さりました…。「あぁ、自分もできてないなぁ…。」って。

 

そのときも強烈なインパクトだったんですが、

大人になって社会に出てみて、改めてこのことの大切さが身に染みています…。

 

大概、物事が上手くいかないときっていうのは、

この「予」がしっかりできていないとき、あるいはその「予」したことがズレてたりするときです。

 

相手のことや状況をしっかり予測して、自分が万全の準備ができていないときとかですね…。

 

これは、お子さんの「テスト」とかでも同じことが言えますよね。

 

授業中、先生の話をしっかり聞いて、テストに出そうな箇所をしっかり「予想」する。

そして、その「予想」の基づき、どんな風に学習を進めるかしっかり「予定」をたてる。

 

こういった1つ1つの「予」がきちんとできたときに、良い結果が生まれるわけですよね。

 

中学生のお子さんは約1か月後に次の「定期テスト」が始まりますね。

良い結果が残せるよう、今からしっかり「予」を意識して、取り組んで行きましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)