小さいうちこそ「国語」が大事!!

【何だかんだ言っても、すべての教科の土台は「国語」の力です。】

 

おはようございます。

 

「勉強は苦手…。だけど、できるようになりたい!!」というお子さんを徹底的に応援する。

郡山市富久山町の「心楽塾」

 

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今、うちの教室の小学生の国語は「標準版」というテキストを使っています。

 

これは学校の教科書に沿った「準拠版」というものとは違い、

教科書に載っている題材とはまったく違った題材を取り扱っています。

 

「物語文」や「説明文」だけでなく、「詩」なども掲載されていて、

この教材が発刊されたときからずっと利用させていただいています。

 

なぜ、うちの教室では「準拠版」ではなく、「標準版」のテキストを使っているのか…?

学校の「テスト」の点数をあげるのなら、絶対に「準拠版」を使用した方がいいはずなのに…?

 

その大きな理由は「小学校のうちに、中学校以降に繋がる国語の力をつけておいて欲しいから」です。

 

小学生のうちは、習い事や特設はあるものの、

まだ、中学生のように「入試」が直近にあるわけではないので、

そこまでシビアに切羽詰まった状況ではなく、ゆっくり学習に取り組んでいただける時期。

 

この時期に、まずは各教科の「土台」となる国語の力をしっかり高めて置いて欲しいのです。

 

数学や英語、理科や社会も問題文はすべて「言葉」で書かれています。

 

例えば、数学なら「言葉」で書かれた内容を、「数式」に変換していきます。

また、英語なら「英文」で書かれた内容を、「日本語」に変換し、理解していきます。

 

そう考えると、「初めて見た文章であっても、それを正しく読み取ること」がきちんとできないと、

他の教科の成績を伸ばすことがとても難しくなってしまいます。

 

学校の「テスト」で点数を取らせて自信をつけてもらうことも大事なのですが、

「目の前」のことだけでなく、「先のこと」もしっかり見据えて指導をしてあげたいと思っています。

 

そして、実はうちの国語の授業をしっかり受けていただいていると、

自然と学校の「国語」の授業が理解できるよになり、テストの「点数」も上がっている方がとても多いんです。

 

だから、学校の「テスト」のための勉強をしなくても、結果的には大丈夫だと思っています。

 

さらに「標準版」のテキストを使うと、いろいろな「作品」に触れることになります。

すると、毎週、いろいろな「文章」を読むため、いろいろな「表現」「言葉」に触れるようになります。

また、いろいろな「考え」にも触れるようになります。

 

これが、中学校入学までの「知識の貯め」となり、中学校以降の学習の「差」となるんですよね。

 

「国語の力」は大人になっても必要な重要な力。

ぜひ、小さいうちこそ、「英語」よりも「国語」に力を注がれた方が結果的に良いと私は思っています。

 

それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)