その式に「考え」は存在している?

【当てずっぽう・行き当たりばったりじゃ、本当の力はつかない…。私はそう考えます。】

 

おはようございます。

 

勉強が苦手なお子さんが「笑顔」になる。郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

先週末、金曜日の小学生のお子さんとの授業にて。

「学力テストの解き直し」でいろいろと文章問題を取り組んでいたときのこと。

 

そのお子さんは次々と式を立ててくれているのですが、

どうも私の目には「出てきた数字を使って、たす・ひく・かける・わるを手当たり次第にやる。」

という風にしか見えませんでした。

 

そこで、私はそのお子さんにこんな質問をしました。

 

私:「この式、何の量を求めようとして立てた計算式かな?」

 

お子さん:「………」

 

私:「体積を求めようとか、底面積を求めようとか、何か自分なりに考えがあって立てた式なんじゃないの?」

 

お子さん:「………」

 

私:「別に攻め立ててるんじゃなくて、どんな考えをしたのかを先生に教えて欲しかったんだよね。」

 

お子さんがすっかり黙り込んでしまったので、諭すように次のことをお話しました。

=====

式を立てるときには、必ず「自分なりの考え・根拠」を持って立てる。

=====

 

それが「正しい」か「正しくないか」は別として、

「図1の立体の体積を求めるための計算です。」とか

「こっちの立体の高さを出そうとしました。」など、

「自分はこの数量を求めようとしてこの式を立てました。」ということがきちんと話せて欲しいんです。

 

「考え」や「根拠」がないまま適当に計算をして当たったとしても、そのこと自体には全く意味がありません。

むしろ、練習の段階では「答え」は外れているけれど、「考え」自体は間違っていないという方が良いわけです。

 

また、具体的に「考え」や「根拠」を示してもらえれば、

「そのためには、まずこの立体の底面積を求める計算が先に必要だね。」とか、

「縦×横×高さ=体積だから、今、分かっている数値を公式に当てはめればいいね。」とか、

私たちも具体的なアドバイスを送ってあげることができます。

 

これは、勉強に限らず、部活でも普段の生活でも同じことが言えます。

「なぜ、自分は今、この行動をするのか…?その考え・根拠は何なのか…?」

 

そんなことを意識しながらお互い取り組んで行きましょうね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)