計算を工夫する

【ちょっとしたひと手間を加えるだけで、グッと計算が楽になるんですよね。(*^_^*)】

 

おはようございます。

 

勉強が苦手・嫌いなお子さんが「笑顔」になる。郡山市富久山町の「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の小学生の授業にて。

 

小6・Yくんが「拡大図・縮図」の問題を演習していました。

そのとき、次のような問題がありました。

 

「1辺8mの正方形を3倍に拡大したとき、その面積は元の面積の何倍になるか?」

 

答えは「9倍」 Yくんは次のように解答をしました。

=====

まず、元の正方形の面積は8×8=64[m^2]

 

次に拡大図の1辺の長さは8×3=24[m]

ゆえに、拡大図の面積は24×24=576[m^2]

 

よって、576÷64=9[倍]

=====

 

その様子を見て私はこんな声掛けをしました。

「OK!! よくできたね。でも、もっと簡単に、そして早く答えを出してみようか。」

 

そう声掛けをして私はホワイトボードに次の計算式を書きました。

=====

拡大図の面積は、24×24=(8×3)×(8×3)

             =8×8×3×3

        =(8×8)×9

だから、9倍

=====

 

「ね。こんな風に計算したら、割り算を使わなくてもパッと答えがでるよ。

 慣れてこれば頭の中でも簡単に処理できるようになるよね。」

 

するとYくんは、「なるほど~!!」といった表情でニッコリしていました。(*^_^*)

 

これは1つの例ですが、算数や数学の計算をするとき、

次のことを意識するだけでだいぶ誤答が減り、計算が楽になります。

=====

「この計算はもっと工夫して、楽にできないか?」

=====

 

「計算が苦手」というお子さんでも、ちょっとした「計算の工夫のコツ」を身に着けただけで、

一気に「計算が好き」「計算が得意」になってしまう場合もあります。

 

教室での指導でも、小学生のお子さんには特にこのことを意識させています。

 

工夫のコツにはいろいろなパターンがあります。

もし、ご興味があれば、下記のフォームからお気軽にお問い合わせくださいね!! それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> 雨は止んだけど、「新人戦」、外の部活はやるんだろうか…?

 

「計算の工夫のコツ」にご興味のある方。資料請求はこちらからどうぞ!!(*^_^*)

メモ: * は入力必須項目です

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)