「配慮」と「感謝」の気持ち

【ご家族のご協力があって授業をさせていただけるということを忘れてはいけない…。】

 

おはようございます。

 

勉強が苦手・嫌いなお子さんが「笑顔」になる。郡山市富久山町に密着した「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の小学生の授業にて。

 

私が隣で授業をしていると、

別の者が担当しているお子さんの1人が明らかに集中できていない様子。

 

足でスリッパをいじってみたり、鉛筆や消しゴムを何度も落としてみたり…。

よくよく考えもしないうちに面倒臭がって「分かんない…。」「難しい…。」の連発。

 

昨日だけでなく、前回もこんな様子でした。

 

「これは1度話をしないとマズイな…。」

そう思った私は、担当者がコピー機にいったところを見計らい、

そのお子さんの傍に行き、こんな話を始めました。

====

「これは叱っているとか、そういうことではないからね…。いいかい?

 先生は君の様子を見ていると、君だけじゃなく、おばあちゃんに申し訳ないって思うんだ…。

 毎回、おばあちゃんが送り迎えをしてくれているよね?

 今日だってこんな土砂降りの中、わざわざ送ってきてくれているでしょ?

 おばあちゃんはどんな気持ちで送り迎えをしているんだろう…?考えたことはあるかい…?」

 

 

お子さんは私の目を見ながら、ジ~ッと黙って話を聞いています。

 

 

「先生は、だからと言って、『おばあちゃんのためにやれ』って言ってるんじゃないよ。

 もし、ここでの授業が今、君にとってプラスにならないなら、無理に受ける必要はないって思うだけ。

 無理して受けてたって、君も、おばあちゃんも、お父さんやお母さんも、そして先生たちも

 みんなプラスにならないからなんだ…。

 

 先生はいつもいうよね…。ここにわざわざ時間を掛けて来てダラダラ過ごすぐらいなら、

 家で寝てたり、テレビを見たり、ゲームしてたりする方がよっぽど良いよって。

 

 先生たちも一生懸命できるようになって欲しいと思って授業はしている。

 だけど、その授業が君にとってつまらないものなら、無理はして欲しくないんだ。

 しかし、もしそうじゃないというなら一生懸命やるときはやろうや。いいかい?」

 

 

するとそのお子さんはさっきまでの様子とは打って変わって、ノートを見ながら、一生懸命取り組み始めました。

 

特に昨日は「3連休」明けの授業ということで気分も乗らなかったのも知れません…。

特設クラブの練習などもあったから、疲れもあったのかも知れません…。

 

私も十分気を付けてはいるつもりなんですが、

忙しくなったり、疲れていたりして気持ちがいっぱいいっぱいになっていると、

私たちってついこのことをを忘れがちなのかも知れませんよね…。

=====

周囲の人の協力に対する「配慮」や「感謝の気持ち」

=====

 

お子さんはお父さんやお母さんをはじめ、ご家族の協力があって塾で授業ができるんです。

 

そして、また私たちも、お子さんやご家族さまのご協力があるからこそ、授業をさせていただけるわけです。

 

自分がいっぱいいっぱいになってきたときこそ、この気持ち、忘れずにしないといけないぁと感じます。

そして、この気持ちを忘れずに頑張らないといけないですね…。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

<追伸> とは言う自分も、昨日の中1の授業にてお子さんに配慮のない言動をしてしまった…。反省してます…。

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)