小学生のうちに身に着けたい「学習方法」

【直近で学習したものだけ「復習」するのでは、本当の力はつかないと考えています。】

 

おはようございます。

 

勉強が苦手・嫌いなお子さんが「笑顔」になる。郡山市富久山町に密着した「心楽塾」

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

今週、小学生のお子さんたちは「学力テストの『リテスト』」の実施期間。

 

ん…?「学力テスト」って何…?「リテスト」って何…?

 

きっと、このブログを始めて読まれる方は聞きなれない言葉ですよね…。

 

うちの教室では小学生のお子さんに毎月1回、

全国版の「学力テスト」というものを受験していただいています。

 

このテスト、うちの教室では「お子さんを評価するため」に使うのではなく、

「中学生になったときに困らない学力をつけていただくための教材」として使わせていただいています。

 

多くのお子さんは、「学校の宿題」や「自主学習」など、

直近で学んだことに対する復習の機会は数多くあります。

 

ですが、年度初めの4月や5月に学んだことなど、

「過去に学習した内容」というのは、意図的に復習の機会を設けないと、

1度習ったきりで、ずっとほったらかしになってしまうことさえあります。

 

そのため、私たちの教室ではこの「学力テスト」を使って、

定期的かつ継続的に「過去の学習内容の振り返り」を行い、抜けている箇所の修復を行っていただいています。

 

この作業を地道に継続していくことでお子さんの「抜け」が少しずつ減り、

お子さんの学力はとても骨太のものとなっていくのです。

 

「過去の学習内容の抜け」が減ってくると、

実は「直近で学習しているもの」もスムーズに理解できるようになり、

学校の授業がとても分かるようになります。だから、学校の授業が楽しくなります。

 

先日面談させていただいたお母さまからも、

「学校のテストでも点数が上がり、それが安定的になってきたんですよ。」という

効果を実感していただいている嬉しいお声もいただきました。ありがとうございます。(*^_^*)

 

また、学力テストの出題問題は、基礎から応用まで「幅広いレベル」で構成されているため、

この問題に定期的かつ継続的に触れることで、

中学校入学までに「実戦問題に対する経験値・貯め」を増やすことができます。

 

この経験値・貯めを作って入学したお子さんは、その後の伸びが違ってきます。

 

ちなみに「リテスト」というのは、その学習の一環として、

授業を通し、テスト内容が理解できたかを確認するために初回受験後から3週間後に再テストすることを言います。

 

中学生になってから焦らないために、ぜひ小学生のうちに習慣化して欲しい学習です。

 

さあ、今日も頑張ります。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)