基本となる「型」を学べ!!

【まずは「型」通りやってみる。そして、徐々にそれを自分なりの方法に変えていく。】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

先週末、中学生のお子さんたちから

「先生、感想文、助けてくださ~い。」という声が多数上がりました。

 

読書感想文に限らず、作文もそうですが、何でこんなにも書くのが大変なのか…?

 

自分が思うに、きっとこれは「ここ」に原因があるのだと思うんですね…。

=====

基本の「型」を持ち合わせていないこと。

=====

 

例えば、自分がやっていた野球なら、

投げるにしても、打つにしても基本となる「フォーム」があります。

 

まずはこれをきちんと忠実に再現できるようにすることが技術向上の第一歩。

 

そして、これができるようになったところで、

少しずつ、自分のやりやすい方法に発展させていくとうのが普通の流れだと思います。

 

実は「自分の思うように、好きな形で自由にやれ!!」って言われる方がかなり難しいんだと思います。

 

だから、お子さんたちに感想文や作文をスラスラっと書いていただけるようにするには、

まず、書くための基本となる「型」をお子さんに伝えることが先決。

そして、それに沿って、書いていただくことが大切だと私は思っています。

 

読み手を引き付ける「書き出し」の型、

さらに次を読みたいと思わせるための「盛り上げ」の型

今までの内容を踏まえ、自分の考えを「まとめる」ための型…など。

 

それら1つひとつをまずは「型」に沿って、書いてみる。

そして、最終的にそれらを1つにつなぎ合わせる。

 

こんな流れが、感想文や作文をスラスラと書き上げるためのコツなんじゃないかなと私は感じています。

 

だから、もし、自分がお子さんたちに感想文や作文の指導をするならば、

まずはこの基本となる「型」をお伝えするところから始めると思います。

 

とは言うものの、いくら「型」あって、いざ、スラスラと書くためには、

普段からいろいろな文章を読んで「インプット」しておくことと、

普段からいろいろなことを文章として「アウトプット」しておくことも大事なんですけどね。

 

そんなことをぜひ、意識して今後に活かしてくださいね。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)