ゲームもスマホも勉強も同じだろ!!

【うまくなる、使いこなせるようになるためには絶対にこれが必要だっつうの!!】

 

おはようございます。

アイシースクール富久山教室_小菅です。

 

昨日の午後からの中学3年生_進学クラスの授業。

 

前日に配布した「数学_過去問」の演習状況を1人ひとり確認すると、

あれほど前日に「1日最低これだけはやって欲しい。」と話をした分量を終えていない…。

 

私が言った分量以上にやっていたのはNちゃんたった1人。

 

明らかに授業時やった分でストップ。家でやった形跡はまったくない…。

 

一生懸命考えたけど分からなかったとか、

一生懸命解いたけど終わらなかったとは明らかに違う…。

 

取り組みやすいように、応用問題を省き、「基本問題」だけを印刷したのに…。

 

「ふぅ~。今後のためにも、ここはビシッと言わなきゃいかんなぁ…。」

 

ちゃんとやってあったNちゃんに「そのまま演習続けてていいよ。」と声掛けをしてから、

私は「ちょっと聞いてくれ。」と心を鬼にしてお子さんたちに語り始めました。

 

=====

私:「なあ、Mくん。もし、ゲームを上手くなりたいと思ったら、どうするよ?」

 

Mくん:「調べる…?……、いや、違う。何度もいっぱいやります。」

 

私:「そうだろ。親が止めろって言っても、何時間でもやるだろう。」

   「ゲームに限らず、スマホを使いこなすにしたって、徹底的にいじるよね。」

 

私:「あのね…。講習会が始まる前にも言ったでしょ。

  講習会の5時間はこの塾の子に限らず、他の塾の子も当たり前にやってんのよ。」

 

  「まして他の塾の子っていうのは、山ほどの宿題を出されて、強制的に量をやらされてるわけ。」

 

  「先生がそれをしないのは、何度も言ってるけど、気がない奴に強制的にやらせたって意味ないからだよ。」

 

  「そんな風にしても答えの丸写しか、『分かりませんでした。』って言って空白のままにしてもってくるのがオチだ。」

 

  「もし、強制的にやらせなきゃやれないっていうなら、出された分を全部やってから帰りなさいよ。」…などなど。

=====

 

現在、「進学クラス」と「特進クラス」に分けてはいるものの、正直「実力差」に大きな差があるとは思ってはいません。

むしろ、「進学クラス」の中には「特進クラス」の子以上の実力を持っている方も数名います。

 

じゃあ、なぜ、成績に差が生まれているのか…?それは「学習に対する心構え」の違いだと私は思っています。

 

私もほんとは叱るのは嫌なんでです…。お互い気分が悪くなるし、叱るのはほんと疲れるんで…。

でも、たまに気合いを入れてあげないとついつい気が緩んでしまうのが「進学クラス」のお子さんなんです。

 

私が久し振りにデカい声で話をしたので、昨日は夜まで教室に残ってみんな頑張っていました。

何とかみんなにこの夏、良い結果を出して欲しいんだよね…。応援してるから、あと少し、頑張るべよ。

 

さあ、今週も今日で折り返しです。頑張って行きましょう。それでは、また!!

 

 過去のブログはこちらからどうぞ!!

 

小学生コース

小学生コース

対象教科:国語・算数・英語・理科・社会

  • 個別指導で1人ひとりにピッタリの指導
  • 通塾日時はご相談の上、決めることが可能
  • 各種検定受検も強力サポート!!

中学生コース

対象教科:数学・英語+国語・理科・社会

  • 「少人数クラス指導」+「個別演習」
  • 「学校授業の先取り」+「旧学年の復習」
  • 授業日以外も教室で自由に学習できる!
無料体験学習のお申込み

アイシースクール富久山進学教室

〒963-8071
郡山市富久山町久保田字久保田59-1
竹内ビル2階

TEL: 024-935-6361
午前10:30~午後21:00
(教室不在時は転送されます。)